コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティラピア 〈ラテン〉Tilapia

百科事典マイペディアの解説

ティラピア

カワスズメ(シクリッド)科ティラピア属の魚の総称。アフリカ,アメリカ熱帯部,西部アジアに分布するが,世界各地に移殖されている。日本に最初に入ったのは,東アフリカ原産のカワスズメ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティラピア【tilapia】

スズキ目カワスズメ(シクリッド)科ティラピア属Tilapiaの淡水魚の総称。テラピアともいう。雌が卵を口内に保護して孵化(ふか)させるマウスブリーダーが多い。なお,現在では従来のティラピア属を二つに分け,口内保育する種はSarotherodon属として区別するが,ここでは混乱を避け,従来どおりの呼名に従う。アフリカ,アメリカ熱帯部,西部アジアに分布するが,世界各地に移殖されている。東南アジアでは養殖が盛んに行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ティラピア【tilapia】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティラピア

カワスズメ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティラピア
てぃらぴあ
tilapia

硬骨魚綱スズキ目カワスズメ科Cichlidaeのうちアフリカ産の系統の総称。淡水魚。約800種が知られているが、そのうち4分の3は東アフリカの大地溝帯(リフトバレー)にある大湖群(タンガニーカ湖、マラウイ湖など)とその周辺域に集中して生息している。
 日本には第二次世界大戦後の昭和20年代後半から、観賞用や養殖用に輸入されたが、そのときの分類学上の属名がティラピア属とされていたため、この類はティラピアと総称された。この科の魚は、鼻孔が各側に1個で、左右の下咽頭骨(かいんとうこつ)が癒合し三角形の一骨板を形成しているのが特徴。体は側扁(そくへん)し、体側線は上側線と下側線に二分される。えらは4個。臀(しり)びれ棘(きょく)条は3~10本。形態と生態は多様である。形態ではスズキ、ベラ、タイ、ハゼ類など海産硬骨魚類が示すひととおりの姿をしたものがいる。これに対応して生態では、魚食者、小動物食者、大形藻類食者、付着藻類食者、動物プランクトン食者、植物プランクトン食者と、あらゆる種類の食性をもつもののほか、ほかの魚種の鱗(うろこ)をかすめ取って食べる種や、稚仔(ちし)魚や卵を食べる種までいる。一つの科で、このような適応放散の例は珍しく、種分化に関心をもつ研究者のよい研究対象となっている。
 ティラピア類の多くは自分の稚魚を口内哺育(ほいく)することで有名である。このような魚をマウスブリーダーmouth breederという。口内哺育にはいくつかの様式があるが、もっとも普通のものは雌が卵を口にくわえて、そこで卵をかえし仔魚を育てるものである。卵径は1.5~2.0ミリメートルで、これを数十から数百粒も口に入れるため、腹中の卵が熟してくると、雌の口腔(こうこう)の容積が大きくなる。卵に必要な酸素を得るため、雌は口を動かして口中の卵をかき回す。孵化(ふか)した仔魚は卵黄を吸収したあとは、索餌(さくじ)のため口内から外へ出る。しかし、しばらくは母親の口の周囲に集まっており、危険を感じると母親の口の中に入る。口内哺育は稚仔魚の初期死亡率を低くしており、それと関連して、口内哺育をする種の卵数は多くても数百粒と少なくなっている。非口内哺育種の卵数は数千粒である。
 日本には12、3種が移入されているが、カワスズメOreochromis mossambicus、ナイルカワスズメO. niloticus、ジルティラピアTilapia zilliiの3種が、鹿児島県、沖縄県、小笠原(おがさわら)諸島の父島で野生化している。このうちナイルカワスズメはイズミダイ、チカダイともよばれ、食用に養殖されている。成長が速く全長50センチメートルになる。ジルティラピアは孵化後4~6か月で成熟し、以後約50日の周期で産卵できるといい、繁殖力が旺盛(おうせい)なので養殖魚として有望視されている。[中坊徹次]

養殖

現在、日本で養殖されている種はナイルカワスズメである。成長が速く、雑食性で、悪環境にも適応し、病害の発生も少ないので、養殖は各地において急速に増加しつつある。生息、産卵適温は24~32℃で、この範囲であれば周年産卵する。産卵に際して雄は直径1、2メートル、深さ15~30センチメートルの産卵床を池底に掘り、ここに雌を誘導して産卵させる。産卵数は雌の大きさで異なるが、普通数百粒である。受精卵は雌の口内で1週間後に孵化し、さらに1、2週間の口内哺育を経て自立する。稚魚にはミジンコを与えるが、配合飼料も併用する。初めは動物質餌料をとるが、成長するにしたがって植物質餌料を好むようになる。5、6月に産卵されたものは10月末には40~70グラムに達する。これを越冬させ、翌年の秋までに800グラム以上にして出荷する。刺身、塩焼き、煮物、揚げ物として美味である。[出口吉昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ティラピアの関連キーワードバイオテクノロジーマウスブリーダーアルカリ栄養湖ASCマークナイバシャ湖茨城県行方市トゥルカナ湖沖縄(県)小笠原諸島レークセブ水産増殖活魚輸送川魚料理川雀鯛鱗食魚和泉鯛水産業熱帯魚口内擬態

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティラピアの関連情報