コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テイカカズラ テイカカズラTrachelospermum asiaticum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テイカカズラ
Trachelospermum asiaticum

キョウチクトウ科の常緑つる性木本。北海道を除く日本各地,特に暖地の山野に普通にみられ,庭木としても植えられる。茎は長く伸び,付着根を出して他物にはいのぼる。葉は対生し,楕円形ないし狭長楕円形で長さ4~8cmあり,革質で表面にやや光沢がある。しかし若木では葉が長さ 1cmあまりしかなく,外見はまったく別の植物のようにみえる。花は5~6月に,小枝上部にまばらな集散花序をなして数個開き,芳香がある。花冠は下半部が細長い管状となり,上部は5片に分れてやや回旋して開く。花色は白色,のちに淡黄色に変る。細長い莢状の果実をつけ,裂開して長い毛をもった種子を飛ばす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

テイカカズラ

キョウチクトウ科の常緑つる性の木本(もくほん)。本州〜九州,朝鮮半島に分布。葉は長楕円形で対生し,長さ3〜6cm,上面は深緑色で光沢がある。花は初夏,葉腋に集散状に数個つき,白色で香気があり,径2〜3cm,やがて黄変する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テイカカズラ【Trachelospermum asiaticum (Sieb.et Zucc.) Nakai】

日本の山野に自生するキョウチクトウ科のつる性低木で,気根によって樹石上にのぼり,高さ十数m,直径5cmぐらいにもなる(イラスト)。小枝は無毛または有毛。葉は対生し,革質で,毛はなく,長楕円形または倒披針形先端はつぶれ,基部はとがり,長さ3~8cm,ふちに鋸歯はなく,落葉前には紅葉する。初夏,葉腋(ようえき)または小枝の先端に集散花序をだし,芳香のある白色花をつける。花冠は高盆形で径2~3cm,花筒は長さ7~8mmでその狭部は上部の約2倍,裂片は斜狭倒三角形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テイカカズラ
ていかかずら / 定家葛
[学]Trachelospermum asiaticum (Sieb. et Zucc.) Nakai

キョウチクトウ科の常緑藤本(とうほん)(つる植物)。茎から気根を出し、木や岩にはい上がる。葉は革質で対生し、長楕円(ちょうだえん)形または披針(ひしん)形で長さ3~6センチメートル、変異が多く、幼植物では小さい。5~6月、集散花序をつくり、径約2センチメートルの白色花を開き、のちに淡黄色になる。花冠は5裂し、裂片は螺旋(らせん)状にねじれ、下部は細い筒となる。果実は細長く、長さ15~20センチメートルでぶら下がる。10~11月に熟して裂開し、先端に長毛のある細長い種子が風で飛ぶ。秋田県以西の本州から九州に分布する。昔、マサキノカズラといったものはテイカカズラであり、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が天岩戸(あめのいわと)の前で鬘(かずら)にしたものはテイカカズラであるという。
 テイカカズラ属は東アジアおよび北アメリカに約16種ある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のテイカカズラの言及

【カズラ(蔓∥葛)】より

…つる草の総称。ヒカゲノカズラ,テイカカズラ,スイカズラ,サネカズラなどはその例である。上代つる草を髪に結んだり,巻きつけたりして頭の飾りとし,これを鬘(かずら)といった。…

※「テイカカズラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テイカカズラの関連キーワードカズラ(蔓∥葛)マサキノカズラケテイカカズラ真拆の葛つる植物小林義雄柾の葛雪駄葛蔓梔子柾藤柾葛蔓梔

テイカカズラの関連情報