コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオティワカン文化 テオティワカンぶんかTeotihuacán culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオティワカン文化
テオティワカンぶんか
Teotihuacán culture

テオティワカンとは,ナワトル語で神の都または人が神になるところの意。メキシコの代表的な古典期文化 (前 300~後 600頃) で,標式遺跡は,メキシコシティーの北 50kmに位置するテオティワカン遺跡。一般に4期に分けられる。1期 (前 300~150) は文化形成期の後期にあたり,頂部に神殿を祭る日干し煉瓦の基壇が建てられ,神殿都市の基礎が築かれた。2期 (前 150~後 250) には「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」など巨大な建造物が構築され,整然とした大都市が誕生した。身分階層の分化,職業の専門化も進み,極彩色の壁画,石彫,華麗な土器が製作され,豊穣儀礼や各種の祭祀行事が発達した。3期 (250~350) は最盛期を迎え「ケツァルコアトル (翼蛇) の神殿」が建ち,美術工芸の水準は最高潮に達した。またこの時期は広く交易が行われた。4期 (400~600) は北方からトルテカ族の侵入を受けて文化は衰退し,末期には神殿,宮殿も焼け落ちて,住民は南方へ移動し,都市は放棄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テオティワカン文化【テオティワカンぶんか】

紀元前2世紀から6世紀ころまで,メソアメリカに栄えた文化。メキシコ市の北方50kmにあるテオティワカンを中心に各地に大きな影響を与えた。テオティワカンの建設は前2世紀にはじまり,太陽と月のピラミッドと〈死者の大通り〉を中心にしたこのメソアメリカ史上最大の計画都市は,最盛期には20km2にまで広がった。
→関連項目アメリカ・インディアンエル・タヒンマヤ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テオティワカンぶんか【テオティワカン文化】

メソアメリカ史上最大の都市テオティワカンTeotihuacanを中心に,前2世紀から6世紀ころまで,各地に大きな影響を与えた文化。前2世紀ころ,メキシコ盆地南部のシトレ火山が噴火し,その溶岩はクイクイルコCuicuilcoの町を覆ってしまった。クイクイルコの破滅はメキシコ盆地の社会の再編成を促し,その結果,現在のメキシコ市の北東50kmにあるテオティワカンの地が選ばれて,計画された大都市の建設が始まったのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテオティワカン文化の言及

【アメリカ・インディアン】より

…前3千年紀に,高原の谷間にトウモロコシ,マメ,カボチャなどの栽培と採集・狩猟を組み合わせた生業が一般化し,前2千年紀には土器や小規模な祭祀建造物をもつにいたり,ベラクルス・タバスコ地方の森林低地では,巨大な石彫や土盛りのマウンドをもつオルメカ文化が発展していった。やがて小規模の灌漑を伴う農業が組織的に行われるようになり,西暦初頭から3世紀の頃,テオティワカン文化や,モンテ・アルバン(サポテカ文化)が成立,少しおくれて,マヤ文化が出現した。政治,宗教,工芸,商業での専門分化が進み,社会は階層区分が明確になり,石造の大神殿や宮殿,石彫,壁画,硬玉細工,金銀細工,美しい土器や織物が作られた。…

※「テオティワカン文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テオティワカン文化の関連キーワードモンテアルバン遺跡ベラクルス古典文化アメリカ古典期文化メソアメリカ文明カミナルフューメキシコ建築メキシコ美術トルテカ文化トトナカ文化サポテカ文化サポテコマヤ文化

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android