テルル鉛鉱(読み)てるるえんこう(英語表記)altaite

日本大百科全書(ニッポニカ)「テルル鉛鉱」の解説

テルル鉛鉱
てるるえんこう
altaite

鉛のテルル化物。方鉛鉱と同じ岩塩構造をもち、そのテルル置換体に相当する。セレン置換体セレン鉛鉱とも同構造で、普通このように金属元素が共通している場合は、テルル化物のほうが比重が大きくなるが、セレン鉛鉱の計算比重は8.28となり、わずかの差ではあるが逆転する。同様の現象は水銀の場合にもみられ、閃亜鉛鉱構造のセレン水銀鉱tiemanniteの計算比重8.24は、同構造のテルル水銀鉱coloradoiteの8.09より大きい。自形は立方体あるいは立方体と正八面体の聚形(しゅうけい)(複合立体)が報告されているがきわめてまれ。

 深所生成の熱水鉱脈型金・銀鉱床に産し、正マグマ性白金族元素鉱床に少量伴われることもある。日本では、岩手県気仙(けせん)郡住田(すみた)町野尻鉱山(閉山)の熱水鉱脈型金・銀鉱床で、ヘッス鉱ペッツ鉱などの金・銀テルル化鉱物と方解石‐石英脈中に共存する。ほかに共存鉱物として、自然金、自然銀、自然テルル、自然アンチモニー、テルルアンチモニー、方鉛鉱、黄鉄鉱、安四面銅鉱、硫砒(りゅうひ)鉄鉱、閃(せん)亜鉛鉱、黄銅鉱、石英、菱(りょう)鉄鉱などがある。

 同定は方鉛鉱よりずっと銀白味の強い色調であることによる。大きな比重。劈開(へきかい)は方鉛鉱ほど明らかでない。硬度は方鉛鉱より微妙に高い。英名は産地の一つサボディンスキーSavodinskii鉱山のあるロシア、アルタイ山脈にちなむ。

[加藤 昭 2017年12月12日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテルル鉛鉱の言及

【テルル鉱物】より

…テルルはまれに元素鉱物の自然テルルとしても産するが,普通は金,銀,銅,鉛,鉄,ビスマスなどのテルル化物として産し,その鉱物の種類は非常に多い。おもなものとして針状テルル鉱sylvanite AuAgTe4,カラベラス鉱calaverite AuTe2,クレンネル鉱krennerite AuTe2,ペッツ鉱petzite(テルル金銀鉱ともいう)AuAg3Te2,ヘッス鉱hessite Ag2Te,硫テルルソウ鉛鉱tetradymite Bi2Te2S,アルタイ鉱altaite(テルル鉛鉱ともいう)PbTe,コロラドアイトcoloradoite HgTe,リッカルド鉱rickardite Cu4Te3,さらには酸化鉱物のテルル石tellurite(酸化テルル鉱ともいう)TeO2などがある。金鉱石として重要ないわゆるテルル金鉱はカラベラス鉱,クレンネル鉱,針状テルル鉱など銀を含む金のテルル化鉱物からなる鉱石で,浅‐中熱水性金銀鉱脈に自然金や他の銀鉱物とともに産する。…

※「テルル鉛鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android