コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディエンビエンフー ディエンビエンフー Dien Bien Phu

6件 の用語解説(ディエンビエンフーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディエンビエンフー
ディエンビエンフー
Dien Bien Phu

ベトナム北西部,ライチャウ省南西部の町。首都ハノイの西約 300km,山岳と密林に囲まれたムオンタイン盆地にあり,ラオスとの国境に近い。第1次インドシナ戦争の末期,ディエンビエンフーの戦いの舞台となり有名になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ディエン‐ビエン‐フー(Dien Bien Phu)

ベトナム北西部、ディエンビエン省の都市。同省の省都。ラオスとの国境近くの谷間に位置する。1954年にベトナム軍がフランス軍を大敗させ、インドシナ戦争の終結をもたらした地。フランス軍の総司令部跡や最後まで立てこもった塹壕(ざんごう)陣地跡や、2004年に戦勝50周年を記念して立てられた記念像などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ディエンビエンフー

ベトナムの北西部,ラオスとの国境に近い町。標高1000〜1500mの山地に囲まれた盆地にあり,タイ系の住民が米作,牧畜に従事する。1954年にインドシナ戦争で敗れたフランスが最後の拠点をおいた地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ディエンビエンフー

西島大介による漫画作品。1960年代、ベトナム戦争中の従軍カメラマンの少年とゲリラの少女の恋を描く。『Comic新現実』第2号~第6号(2004年11月~2005年11月)、『IKKI』2006年9月号~連載中。小学館IKKI COMIX既刊9巻。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ディエンビエンフー【Dien Bien Phu】

ベトナム北西部,トンキン山地のラオス国境近くの山間盆地にある町。タイチャン峠を越えてトンキン地方北部からラオス北部へ入る街道に沿う戦略上の要衝。第2次大戦後ホー・チ・ミンの率いるベトナム軍は,植民地再支配をねらう旧宗主国フランスとの衝突をくり返し,ラオス方面への進出を企てた。これに対しフランス軍はナバール将軍指揮下に精鋭部隊をこの地に送り,ラオスを防衛しようとし,空輸により戦力を強化した。ベトナム軍はボー・グエン・ザップ指揮下にこれを包囲し,1954年3月から5月にわたり激戦を展開,ついにフランス軍は5000余の死傷者を出し,残りは降伏した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ディエンビエンフー【Dien Bien Phu】

ベトナム北部、ラオス国境近くの山間にある町。1954年ベトミン軍がこの地でフランス軍を破ってインドシナ戦争を休戦に導いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のディエンビエンフーの言及

【ラオス】より

…この戦闘部隊をパテト・ラオと呼ぶ)を結成し,臨時抗戦政府をサムヌア省に樹立した。54年ベトナムにおけるディエンビエンフーの勝利を可能にしたのは,パテト・ラオ勢力がラオス北部のポンサリ省とサムヌア省を解放区としていたことが大きかった。1953年10月に王国政府はフランスとの間で〈友好連合条約〉を結び,これによってラオスは完全独立を達成した。…

※「ディエンビエンフー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ディエンビエンフーの関連キーワードタイグエントンキントンキン湾トンキン湾事件ビンホン川ホンゲイラオカイケサンソンダー[川]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディエンビエンフーの関連情報