コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディグナーガ ディグナーガDignāga

5件 の用語解説(ディグナーガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディグナーガ
ディグナーガ
Dignāga

[生]480頃
[没]540頃
インド仏教の新しい論理学 (新因明 ) の確立者。陳那 (じんな) と音写され,域龍と訳されている。唯識説のうちでは有相唯識説を唱え,後代にその説が玄奘三蔵によって中国に伝えられて法相宗が誕生した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ディグナーガ

5〜6世紀ころのインドの仏教論理学者。生没年不詳。漢訳名を陳那(ちんな)という。世親(せしん)の系統を継ぐ唯識(ゆいしき)派の立場に立ち,直接知覚と推論のみを知識の根拠として認める説を立てた。
→関連項目因明ダルマキールティ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディグナーガ【Dignāga】

5~6世紀ころのインドの仏教思想家,論理学者。生没年不詳。漢訳名を陳那(ちんな)という。《因明正理門論》《集量論》の二大主著において,従来の諸派の説を批判して,唯識思想に立脚して仏教論理学を組織し,新因明(しんいんみよう)といわれる新論理学説を形成した。その特色は,(1)正しい認識の根拠(量)を知覚(現量)と推理(比量)の二つに限定したこと,(2)知覚を思惟を含まないもの(現量除分別)と定義したこと,(3)推理の形式を宗(主張)・因(理由)・喩(比喩)の三支作法としたこと,(4)正しい因の備えるべき三条件(因の三相)を明確にしたこと,(5)さらに知覚の対象となる個別相(自相)と一般相(共相(ぐうそう))を峻別し,後者を〈他者の排除〉によって仮構された非実在にすぎないとするアポーハ説を説いたこと,などが挙げられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ディグナーガ【Dignāga】

400?~480?) インドの有相唯識派の祖。漢訳名陳那じんな。世親の因明説を大成し、新因明を確立。著「因明正理門論」「集量論」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディグナーガ
でぃぐなーが

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のディグナーガの言及

【クマーリラ】より

…彼は,祭式主義の立場からの聖典解釈学を整備する一方,正統バラモン主義の立場から,ベーダ聖典を権威として認めない思想,とくに仏教を排撃することに努めた。ディグナーガ(陳那)以降の新鋭の仏教論理学に対抗するために,〈直接知〉や推理の定義などに新工夫をこらした。〈直接知〉を〈無分別知〉と〈有分別知〉に分類するしかたを仏教論理学から借用し,無分別の直接知を〈直観〉(アーローチャナālocana)と名づけた。…

【論理学】より

…インド論理学は2世紀に,非仏教的学派である正理学派(ニヤーヤ学派)の手によって成立し,仏教徒もこの論理学を受け入れた。しかし5~6世紀になって仏教徒の論理学者ディグナーガ(陳那)がそれまでの論理学(古因明)に大改良を施し新因明を完成した。そしてその結果,インド論理学は,アリストテレス論理学とくらべてさほど見劣りのしないりっぱなものとなった。…

※「ディグナーガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ディグナーガの関連キーワード瑜伽行派ネポス賀茂神社説文解字ヘラクレイトス因明ギリシア科学VGAVGA分解能

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone