コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディスポーザー(英語表記)disposer

翻訳|disposer

百科事典マイペディアの解説

ディスポーザー

厨芥(ちゅうかい)処理器とも。台所で出る野菜や魚のくずを粉砕処理する器具。モーターカッターを高速回転させて微細化し排水とともに流す。下水道の完備していない地区では問題が多く,使用が禁止されているところもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ディスポーザー【disposer】

台所で出る生なまごみを細かく砕いて下水道に流す機械。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ディスポーザー【disposer】

台所の流しの排水口に取り付けて、生ごみを処理する器具。高速回転するカッターで生ごみを細かく粉砕し、水と一緒に排水管から下水に流せるようにする。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディスポーザー
でぃすぽーざー
disposer

流しの排水口の下に取り付けて使用する台所用生ごみ処理機。モーター部と粉砕室とからなる強力なミキサーのようなものである。粉砕室の投入口から入った野菜くずや果物の皮、魚の骨などは、モーターに直結された回転刃によってはじき飛ばされて、外側の固定刃に当たり打ち砕かれ、さらに擦りつぶされて水といっしょに排水管から下水へと流される。粉砕時間は平均して1~2分程度で、モーターの出力は家庭用のもので100~250ワットくらいである。万一使用中にスプーンやフォーク、瀬戸物などが誤って入った場合には、モーターの故障を防ぐため、自動的に電源が切れる装置がついている。なかには投入口の蓋(ふた)をしないと回転を開始しないものや、粉砕したごみをそのまま流さずに脱水してから取り出すタイプのものもある。日本では下水道の普及率が低いことや環境に対する影響などから、できるだけ使用しないほうがよいとの認識が強く、業界でも積極的に生産、販売をしていない。[正木英子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディスポーザーの関連情報