コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デタント[国際関係] デタントこくさいかんけい détente

翻訳|détente

1件 の用語解説(デタント[国際関係]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デタント[国際関係]
デタントこくさいかんけい
détente

対立する国家間の緊張が緩和すること。もともとはフランス語の外交用語。特に第2次世界大戦後における米ソ両ブロック間の冷戦が終り,世界が多極化の時代に入ってから,両国間の緊張をゆるめ,相互の了解によってその危機を管理するという政策に用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デタント[国際関係]の関連キーワード胃拡張軍備縮小アトニー箍が緩む断交アコモデーター緩和剤資本収支(Capital Balance)外交断絶《国家間の政治》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone