デモンストレーション効果(読み)デモンストレーションこうか(英語表記)demonstration effects

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デモンストレーション効果
デモンストレーションこうか
demonstration effects

もともとは経済学用語で,個人の支出が,自分の所得ばかりではなく,他人の消費水準・消費様式の影響を受ける現象をいう。この効果は,耐久消費財で主に観察された現象である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

デモンストレーション‐こうか〔‐カウクワ〕【デモンストレーション効果】

個人の消費が、自己の所得だけでなく、周囲の人々の消費水準や消費行動によって影響を受けること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

デモンストレーションこうか【デモンストレーション効果 demonstration effect】

ある人の消費欲望が他人の消費状態によって影響されることをさす。たとえば,隣人流行の新商品をもっていることにデモンストレートつまり誇示されて,自分もそれを購入したくなるような現象がそれである。消費者行動に関する標準的な理論では,ある個人の消費計画に関与するのは,当人が消費する財貨・サービスだけである。しかし実際には,流行,広告・宣伝,習慣などとのかかわりで,他者の消費活動のいかんもそれに影響を与えることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

デモンストレーションこうか【デモンストレーション効果】

個人の消費行動が、周囲の人々、ことに高額所得者の消費行動を見せられて、その影響を受けること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デモンストレーション効果
でもんすとれーしょんこうか
demonstration effect

経済学で使用される効用関数においては、個々人の消費は、他の人々からまったく独立であって、個々人の主観的判断に基づいて決定されると考えられてきた。しかし、われわれの日常的な行為からも明らかなように、消費を決定する際には、所得ばかりではなく、われわれを取り巻く社会環境によっても大きく影響される。たとえば、低所得の人々の間で生活すれば消費は小さくなる傾向があり、高所得の人々の間で生活すれば消費水準は高くなる傾向がある。これをJ・S・デューゼンベリーはデモンストレーション効果とよび、人々の消費水準は相互依存関係にあることを指摘した。
 消費関数は、短期的にみるとC=aY+b(ここでCは消費、Yは可処分所得、a、bは定数を示す)となるが、長期的にみればC=cY(cは定数)となるといわれる。この短期と長期の消費行動の差異を統一的に説明するために、相対所得仮説、恒常所得仮説、流動資産仮説などの理論が生まれた。デューゼンベリーは相対所得仮説の立場にたち、消費水準は現在の所得水準と過去の最高所得水準およびデモンストレーション効果などにより決定されるので、消費行動は短期と長期では異なると主張する。
 なお、消費の相互依存関係を示すものとしては、このほかにベブレン効果とよばれるものがある。これは、人々が生活程度の高さを誇示することを意図して、たとえば宝石や毛皮のコートなどを購入する場合であって、「衒示(げんじ)的消費」といわれる。[畑中康一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android