コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュースブルク デュースブルク Duisburg

4件 の用語解説(デュースブルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュースブルク
デュースブルク
Duisburg

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ライン,ルール両川の合流点に位置し,世界有数の河港をもつ,ルール工業地帯の中心的都市の一つ。河港には延長 14kmに及ぶ埠頭,45kmの港内鉄道などがあり,貨物取扱高は同国第1位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュースブルク

ドイツ,ノルトライン・ウェストファーレン州ルール地区西部の中心的工業都市。鉄鋼,機械,繊維,化学などの工業が行われるルール川ライン川への合流点にあり,ヨーロッパ最大の内陸港がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デュースブルク【Duisburg】

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州ルール地帯の都市。人口53万6000(1995)。ルール,エムシャーEmscher両川とライン川の合流点に位置。鉄鋼生産量がドイツ一のほか,機械製造,石炭・石油精製,化学,造船,食品,建設等の関連諸工業が行われる。水運・運送取扱業も重きをなし,ヨーロッパ最大の内陸河港を持つ。中世以来ルール炭輸送の中継地で,19世紀中葉の鉄鋼業成立以来急激に発展した。16世紀後半にこの町で活動した地図学者メルカトルの碑銘がザルバトール教会に残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュースブルク
でゅーすぶるく
Duisburg

ドイツ中西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。ルール工業地帯の西部にある有数の工業都市で、世界最大の河港をもつ。人口49万8400(2006)。ルール川とライン川との合流点に位置し、ドイツを東西に横断する内陸運河の起点をなす。港は泊地面積2万1000平方キロメートル、岸壁の延長約60キロメートルに及び、ライン川の上・下流や海外の諸港と連絡し、鉄鉱、石油、石炭、鋼鉄、砂、土、木材などを輸出入する。その取扱高は1980年には60億5000万トンに達した。工業ではルール地方生産の銑鉄の約45%、粗鋼の約35%を産出する製鉄都市で、そのほか機械、造船、化学の工業も盛ん。
 市の起源は明らかではないが、9世紀ごろからおこり、12世紀には都市となった。14世紀にハンザ同盟に加わり、1831年以来工業都市として発展した。1655~1818年にあった大学は1972年再興された。著名な地図学者メルカトルの死没地で、市役所前に彼の銅像がある。[小林 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュースブルクの関連キーワードブリュールミュンスターウエストファリアノルトラインウェストファーレンプリンツィパルマルクトフロイデンベルクポッペルスドルフ城ミュンスター広場ノルトライン・ウェストファーレンライン・ウェストファーレン石炭シンジケート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュースブルクの関連情報