コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルフト陶器 デルフトとうきdelftware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デルフト陶器
デルフトとうき
delftware

オランダのデルフトで作られる軟質陶器。 1584年イタリアマジョリカの陶工キド・ディ・サビノがアントウェルペンに移住してマジョリカの技法をオランダに紹介したのに始り,それが 17世紀中頃にデルフトに伝わって盛行した。当初はマジョリカの影響の強いものを作っていたが,まもなく中国磁器の写しが盛んになり,17世紀末からは伊万里写し (→伊万里焼 ) も行われた。製作技法は,シェルデ河畔のトゥルネーの陶土とライン河畔のミュルハイムの陶土を混成したものを素地とし,薄手の胎に成形して乳白釉をかけて低火度で焼き,その上にコバルトまたはその他の顔料で絵付けをして乾燥,透明釉を施して高火度で焼成する。 17世紀に始る中国や日本の磁器を模写した模様や器形を特色とし,その他ヨーロッパ風の風景,花文,風俗などを描いたものも盛んに作られた。 18世紀初頭から,器底に作家のマークがつけられたものが多い。器種は食器類,花器,タイル,人物・動物像,陶額など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デルフト陶器【デルフトとうき】

スズ釉(ゆう)陶器を焼いたオランダのデルフトDelftの窯。17世紀半ばからマヨリカ風の陶器を製造,のち染付や多彩色の伊万里焼の模造品を作った。17世紀末になってオランダ絵画をとり入れた作風と東洋的な作風が主となり,ヨーロッパの窯業を支配するほど盛んになったが,18世紀以降しだいに衰退に向かった。
→関連項目デルフト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デルフトとうき【デルフト陶器 Delft faïence】

オランダのデルフトで製作されたスズ釉陶器およびその窯。広義にはオランダで焼かれたすべてのスズ釉陶器をいう。16世紀中ごろ,フランドル南部のアントワープの陶芸の影響により開花,17世紀には中国磁器を写した陶器と青色および多彩色の絵付けのタイルの生産によって一躍有名となり,その製品は広くヨーロッパ各国に輸出された。以後アムステルダムロッテルダムハールレムホールンなどオランダ各地で焼かれたすべてのスズ釉陶器をデルフト陶器と呼ぶようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デルフト陶器
でるふととうき

オランダのデルフトを中心に焼かれた陶器。16世紀の中ごろイタリアのマジョリカ陶器の技法がオランダに伝えられたのが始まりで、17世紀中ごろ東洋磁器の装飾や器形を模倣して大いなる成功をみ、以後オランダ各地の窯場で焼かれた陶器もすべてデルフト陶器とよばれるようになった。初期のモチーフはマジョリカ風のものが多いが、17世紀以降は極東の磁器を模したコバルト一色の絵付けが優勢となった。デルフト陶器は技法上軟質の錫釉(すずゆう)陶器で、アルプス以北の各国で焼かれたファイアンスとほぼ同質で、デルフト・ファイアンスの別称もある。またイギリスでは初期の錫釉陶器をイングリッシュ・デルフト陶器とよんでいるが、これはイギリスで焼かれたオランダ陶器の意である。[前田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデルフト陶器の言及

【陶磁器】より

…またフランドル地方では1512年イタリアの陶工グイド・サビニがアントワープに来たのが始まりで,その後ミドルブルク,ハールレム,デルフト,アムステルダムなどに広がった。ただしオランダとイギリスではスズ釉陶器をとくにデルフト陶器と呼んでいる。これはデルフトが当時輸入されていた高価な東洋の磁器を模倣することに成功して一躍名声を博したため,その後はこの国で焼かれたすべてのスズ釉陶器をデルフト焼と呼ぶようになったことによる。…

※「デルフト陶器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報