コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルカナ湖 トゥルカナこLake Turkana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥルカナ湖
トゥルカナこ
Lake Turkana

ケニア北部に広がる南北に細長い湖。ルドルフ湖 Lake Rudolfともいう。北端部はエチオピアに属する。面積 6405km2。周囲 900km。水面標高 375m,最大水深 73m。ケニア高原とエチオピア山地の間にある低い高原上にあり,水源はエチオピアのアビシニア高原に源を発するオモ川。雨季にはトゥルクウェル川とケリオ川が西岸から流入。流出河川はない。湖水はソーダ分を含みやや塩辛いが,カワスズメティラピア)などの魚が豊富に生息し,ワニ,カバ,水鳥類も多い。周辺に村落は少なく,西岸でトゥルカナ族,南岸でサンブル族などが遊牧生活を営む。1997年トゥルカナ湖国立公園群として世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トゥルカナ‐こ【トゥルカナ湖】

Lake Turkana》ケニア北部の湖。旧称ルドルフ湖。北端はエチオピアに属する。アフリカ大陸の大地溝帯にあり、南北約300キロメートル、東西の最大幅約56キロメートルと細長い。流入する川はあるが排水河川はなく、世界有数のアルカリ塩湖として知られる。ナイルパーチティラピアナイルワニなどが生息。また、300万年前から200万年前にかけての古人類の化石が発見されている。湖とその周辺が三つの国立公園に指定され、トゥルカナ湖国立公園群の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥルカナ湖
とぅるかなこ
Lake Turkana

アフリカ東部、ケニア北部のアフリカ大地溝帯中にある細長い湖。北端はエチオピア領内にある。湖面標高375メートル、深さ73メートル。激しい蒸発のため面積は縮小中で、約6400平方キロメートル。湖中にいくつかの火山性の島がある。北からオモ川、西からターウェル川が流入するが、流出する川はない。ワニ、カバが生息し、魚類が多い。1888年にオーストリアのテレキ伯爵によって「発見」され、当時の皇太子の名にちなんでルドルフ湖と命名された。現在は付近の住民と同名のトゥルカナ湖とよぶ。東岸とオモ川の河岸段丘は化石が豊富で、1972年ケニア国立博物館のリーキー博士Richard Erskine Leakey(1944― )が250万年前のものとみられる人骨を発見し、世界最古の人骨として話題になった。[中村和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トゥルカナ湖の関連キーワードビアード(Peter Beard)ケニアントロプス・プラティオプスナリオコトメ・ボーイコオビフォラ遺跡エチオピア(国)西トゥルカナ遺跡ホモ・ハビリスホモ・ハビリスオモ国立公園デンキナマズビチャーオモ遺跡原人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android