コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウガン(冬瓜) トウガンBenincasa cerifera

3件 の用語解説(トウガン(冬瓜)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウガン(冬瓜)
トウガン
Benincasa cerifera

ウリ科のつる性の一年草。トウガまたはカモウリともいう。熱帯アジアの原産で,古く中国を経て日本に伝わった。果実は煮て食用とする。茎は長く伸びて地上をはい全体にあらい毛がある。葉は掌状に5~7裂し,両面に毛をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トウガン(冬瓜)【トウガン】

熱帯アジア原産のウリ科の一年生野菜。葉は掌状で茎は長くはい,巻きひげがある。花は黄色。果実は円形〜楕円形で,径30〜50cm,重さ7〜十数kgに及ぶ。果肉は厚く白色多汁。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トウガン【トウガン(冬瓜) white gourd】

ウリ科の一年草で,果実が食用とされる。カモウリとも呼ばれるが,このカモは毛の意味で,果実に毛があるため名付けられた。東南アジア地域が原産と考えられ,熱帯アジア,中国,日本,アフリカアメリカで広く栽培されている。中国へは南方から入り,日本へは中国から渡来したと考えられる。《本草和名《和名抄》にその名があり,10世紀ごろから栽培が始まったと推察される。茎は太くつる性で,葉は大きく5~7の切れ込みがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone