コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウゴマ(唐胡麻) トウゴマRicinus communis; castor-oil plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウゴマ(唐胡麻)
トウゴマ
Ricinus communis; castor-oil plant

トウダイグサ科の大型の一年草。別名ヒマ (蓖麻) ともいう。熱帯や暖帯では多年生で低木状になる。インドまたはアフリカの原産といわれ,アメリカやインドネシアで油脂植物として多く栽培される。茎は赤紫色の太い円柱形で中空である。葉は径 20~30cmもの大きな掌状葉で,5~11に中裂し長い柄をもつ。夏から秋にかけて,総状花序をなして多数の単性花をつける。雌花は花序の上方につき,雄花は下方に群生する。雄花には多数のおしべ,雌花には6本に分れた花柱があり,ともに5枚の花被がある。果実はとげ状突起のある球形の 蒴果で,中に3個の種子を生じる。種子は蓖麻子と呼ばれ油脂を含み,これをしぼってひまし油をとり下剤に用いる。また工業用として,エンジンの減摩剤,印刷インクやポマードの原料とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トウゴマ(唐胡麻)の関連キーワードトウダイグサ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android