コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トチカガミ トチカガミ Hydrocharis asiatica; frog's bit

4件 の用語解説(トチカガミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トチカガミ
トチカガミ
Hydrocharis asiatica; frog's bit

トチカガミ科の水生多年草東アジアの温帯から亜熱帯に分布し,溝や湖沼の岸辺に生える。茎は長く伸び,各節からひげ根を出す。葉は厚く光沢があり円形で基部は心臓形をなし全縁。長い葉柄をもち水面に浮ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トチカガミ

トチカガミ科の多年生の浮遊性水草。本州〜沖縄,東南アジアオーストラリアに分布し,池や沼の水面に群落をつくる。葉は柄が長く,まるいハート形,裏面の中央には海綿質の浮袋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トチカガミ【Hydrocharis dubia (Bl.) Backer】

池や溝にはえるトチカガミ科の多年草(イラスト)。走出茎が水底を横にはい,その先に新しい株をつくる。葉は長い柄があり,その基部に2枚の托葉がある。葉身は円心形で径4~7cm,裏面の中央に気囊があり,水面に浮かぶ。花期は8~10月,花は単性で苞鞘(ほうしよう)の中にできる。雄の苞鞘には約5cmの柄があり,雄花のつぼみはこの中に約5個でき,花柄が伸びて1個ずつ水面で開花し,1日でしぼむ。雌の苞鞘には柄がなく,中に雌花が1個だけ発達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トチカガミ
とちかがみ / 鼈鏡
[学]Hydrocharis dubia (Bl.) Backer

トチカガミ科の浮葉性の多年草。茎は水中を横走し、節から白いひげ根と葉を出す。成長葉は楯(たて)状葉で、托葉(たくよう)は膜質で卵状披針(ひしん)形、長さ2.5~3.5センチメートル。浮水葉はほぼ心臓形で長さ4~8センチメートル、表面は光沢があり、裏面は中央部に高さ2~5ミリメートルの浮き袋が泡沫(ほうまつ)状に密生。花は単性で雌雄同株。7~10月、白色の一日花を開く。雄花・雌花ともに萼片(がくへん)3枚、花弁3枚。雄しべは12本、雌しべは1本。花柄は雌花のほうが太い。果実は倒卵形、中に紡錘形で長さ1~1.5ミリメートルの淡紅色の種子がある。種子または殖芽で越冬する。池沼や小川に群生し、本州から沖縄、および広く温帯に分布する。名は、トチ(スッポン)の鏡の意味で、円いつやのある葉に由来する。[大滝末男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トチカガミの関連キーワードスブタミズオオバコカナダ藻すぶた石菖藻水鼈海蛭藻クロモセキショウモトチカガミ科

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone