コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トドマツ トドマツ Abies sachalinensis

3件 の用語解説(トドマツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トドマツ
トドマツ
Abies sachalinensis

マツ科モミ属の常緑高木。別名アカトドまたはアカトドマツサハリンおよび北海道の北部から東部にかけて分布し,樹高 25m,直径 60cmに達する。樹皮は通常灰褐色で平滑。枝は輪生してほぼ水平に出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トドマツ

アカトドマツとも。マツ科の常緑高木。北海道,南千島,サハリンの山地にはえる。樹皮は紫褐色を帯び裂け目を生じ,葉は線形で下面は粉白色となる。球果は円柱形で,包鱗は褐色,種鱗とほぼ同長となる。
→関連項目春国岱造林

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トドマツ
とどまつ / 椴松
saghalien fir
[学]Abies sachalinensis Masters

マツ科の常緑針葉高木。大きなものは高さ30メートル、径80センチメートルに達する。樹冠は卵状円錐(えんすい)形となる。樹皮はやや平滑で紫褐色または灰褐色で、樹脂溜(りゅう)が多い。葉は線形で長さ1.5~2センチメートル。雌雄同株。5~6月、開花する。雄花は紅色で二年生枝の下側に密生する。雌花は二年生枝に点生する。球果は無柄、円柱形または楕円(だえん)状円柱形で長さ5~8.5センチメートル、幅2~2.5センチメートル、9~10月、成熟する。球果の包鱗(ほうりん)がほぼ同長でまっすぐか、またはすこし反曲し、先端が尾状に突出するものをアカトドマツ(基本型)、包鱗が著しく露出して反曲するものをアオトドマツとするが、一般には両者を区別せずトドマツといっている。北海道、および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。庭木にするが、クリスマス・ツリーにもする。材は保存性は低いが、軽くて柔らかく加工しやすいので、建築、土木、船舶、器具、経木、包装、マッチの軸木、パルプなどに利用する。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トドマツの関連キーワード赤蝦夷松赤鉄アメリカ松裏白樅椴松針樅バルサム樅アメリカトガサワラオオシラビソトドマツ(椴松)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トドマツの関連情報