コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トドマツ Abies sachalinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トドマツ
Abies sachalinensis

マツ科モミ属の常緑高木。別名アカトドまたはアカトドマツ。サハリンおよび北海道の北部から東部にかけて分布し,樹高 25m,直径 60cmに達する。樹皮は通常灰褐色で平滑。枝は輪生してほぼ水平に出る。葉は線形で2~3cm。球果は円柱形で直立し長さ6~9cm,包鱗の突出した部分が短い。本種の変種とされるアオトドマツ A.sachalinensisvar. mayrianaとともにパルプ用材として重要である。また建築,土木,鉱山,家具,船舶材など用途は広い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トドマツ

アカトドマツとも。マツ科の常緑高木。北海道,南千島,サハリンの山地にはえる。樹皮は紫褐色を帯び裂け目を生じ,葉は線形で下面は粉白色となる。球果は円柱形で,包鱗は褐色,種鱗とほぼ同長となる。
→関連項目春国岱造林

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トドマツ
とどまつ / 椴松
saghalien fir
[学]Abies sachalinensis Masters

マツ科の常緑針葉高木。大きなものは高さ30メートル、径80センチメートルに達する。樹冠は卵状円錐(えんすい)形となる。樹皮はやや平滑で紫褐色または灰褐色で、樹脂溜(りゅう)が多い。葉は線形で長さ1.5~2センチメートル。雌雄同株。5~6月、開花する。雄花は紅色で二年生枝の下側に密生する。雌花は二年生枝に点生する。球果は無柄、円柱形または楕円(だえん)状円柱形で長さ5~8.5センチメートル、幅2~2.5センチメートル、9~10月、成熟する。球果の包鱗(ほうりん)がほぼ同長でまっすぐか、またはすこし反曲し、先端が尾状に突出するものをアカトドマツ(基本型)、包鱗が著しく露出して反曲するものをアオトドマツとするが、一般には両者を区別せずトドマツといっている。北海道、および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。庭木にするが、クリスマス・ツリーにもする。材は保存性は低いが、軽くて柔らかく加工しやすいので、建築、土木、船舶、器具、経木、包装、マッチの軸木、パルプなどに利用する。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トドマツの関連キーワード北海道野付郡別海町野付トドノネオオワタムシ日高山脈襟裳国定公園オコタンペ湖パイン(材)ホソカミキリ野幌森林公園唐檜小木蠹虫砕木パルプコミ原生林椵木喰虫雄阿寒岳宗谷丘陵エゾマツ亜寒帯林風不死岳針葉樹林根室椴松石狩岳手稲山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トドマツの関連情報