トマスアクィナス(英語表記)Thomas Aquinas

大辞林 第三版の解説

トマスアクィナス【Thomas Aquinas】

1225~1274) イタリア生まれの神学者・ドミニコ会士。聖人。アルベルトゥス=マグヌスに師事。アリストテレス哲学を摂取・純化し、これを基礎にして理性の自律性と信仰の超越性との調和を説き、神の存在証明をなした。スコラ哲学を大成し中世神学を代表する。主著「神学大全」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android