コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トマス・アクイナス トマスアクイナス

百科事典マイペディアの解説

トマス・アクイナス

イタリアの神学者,哲学者,聖人。ドミニコ会士,スコラ学の大成者。モンテ・カッシノ修道院,ナポリ,パリ,ケルンの各大学に学ぶ。ケルン時代の師がアルベルトゥス・マグヌス
→関連項目スルバランディオニュシウス・アレオパギタドミニコ会普遍論争ボナベントゥラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トマス・アクイナス
とますあくいなす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トマス・アクイナスの関連キーワードアエギディウス・ロマヌスアルベルトゥス・マグヌスキュドネス・デメトリオスガリグー・ラグランジュ新プラトン主義アリストテレスブレンターノエックハルトスホラリオスグラープマンハッチンズ公共の福祉アクイナスケルン大学カエタヌス松本 正夫神学の侍女神学大全トミズムパトモア

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android