コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トムヤムクン トムヤムクン〈タイ〉tom yam kung

3件 の用語解説(トムヤムクンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トム‐ヤム‐クン(〈タイ〉tom yam kung)

酸味と辛味のきいたタイの代表的なスープ。具にエビ・魚・野菜・キノコなどをたっぷり用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

トムヤムクン【(タイ)】

タイ料理の一つで、えびの入ったすっぱくて辛いスープ。鶏のスープにえびの殻とレモングラス・バイマックルー・プリッキーヌ・カーなどの香辛料を入れて煮て、ナンプラー・マナオ(タイの果物でライムの一つ)の果汁・チリインオイルなどで味を調え、えびの身とふくろ茸を入れ、煮えたらパクチーを加える。◇「世界三大スープ」の一つ。世界三大スープは「ふかひれスープ」「ブイヤベース」と「トムヤムクン」が通説だが、異説もある。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トムヤムクン
とむやむくん
Tom Yum Kungタイ語

タイ料理でもっとも有名なスープ。トムは煮る・ゆでる、ヤムは混ぜる、クンはエビを意味する。
 トムヤムクンをはじめとするタイ料理には、独特の味と香りがある。辛味はトウガラシによって加えられる。日本とは異なり生で使うのがほとんどである。うま味は、魚に塩を加えて発酵させたものの上澄み液である魚醤(ぎょしょう)(魚醤油(うおじょうゆ)、タイではナンプラーという)や、エビに塩を加えて発酵させたペースト状の蝦醤(かしょう)(カピ)によってつくられる。これらは、それぞれ日本のしょうゆ、みそにあたる。
 トムヤムクンは酸味と辛味の絶妙なバランスのスープである。具はエビとフクロタケ、タケノコに青菜などで、それにレモングラス、バイ・マックルー(コブミカンの葉)、ショウガ、ニンニク、パクチー(コエンドロのタイ語名。中国語名はシャンツァイ)の根、タマリンド、トウガラシなどさまざまなスパイスを加え、最後にパクチーの葉を彩りに散らす。素焼きのポットに入れて出され、タイ米にかけて食べたりもする。[田中伶子]
『繁盛店メニュー戦略編集部編『エスニック料理』(1988・同朋舎出版) ▽梁超華著『アジア エスニック料理』(1992・柴田書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トムヤムクンの関連情報