コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラジャ族 トラジャぞくToradja; Toraja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラジャ族
トラジャぞく
Toradja; Toraja

インドネシア領スラウェシ島中部に住むプロト・マレー系の民族。トラジャは山の人,奥地人の意。文化的に西トラジャ,東トラジャ,南トラジャの3集団に分けられ,総人口約 60万余と推定される。西・東トラジャは伝統的に焼畑による陸稲耕作民であるのに対し,南トラジャは水稲を栽培し,今日では広く水田が開かれている。出自は一般に双系をたどり,族内婚で妻方居住制である。社会組織は,南トラジャは王族,貴族,平民,奴隷の4階層に分れていたが,西トラジャは王族を除く3階層から成っていた。かつては首狩りが盛んであった。各村の自律性が強いが,南トラジャではいくつかの村の連合体がつくられていた。宗教は祖先崇拝を中心としており,東トラジャには洗骨の習慣がみられた。トラジャ族は葬儀に関する儀礼を「西の儀礼」と呼び,収穫儀礼や社会福祉の祈願儀礼を「東の儀礼」と呼んでいる。約 80%がキリスト教を受容したが,まだ伝統宗教の要素を多く残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トラジャぞく【トラジャ族 Toraja】

インドネシア,スラウェシ(セレベス)島の内陸高地に住むプロト・マレー系の民族。トラジャとは〈山地人〉〈山奥の人〉の意で,ブギス族がこう呼んだのに由来するという。南西部のサダン川上流域のトラジャ族はとりわけよく知られる。20世紀初めにオランダはトラジャ地域に支配権を確立し,オランダ改革派教会が入りキリスト教化が進んだ。 トラジャ族は稲米を天からの贈物と考え,かつては稲作の田にほかの作物を植えなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトラジャ族の言及

【雨乞い】より

…インドネシアのハルマヘラ島では,雨乞いのときに呪術師は特定の木の枝を束にし,これにむかって呪文を唱えたり,またその束に水を含ませて地上にまく。スラウェシ(セレベス島)の中部に住むトラジャ族は,雨乞いの際,女性呪術師に祈ってもらうが,彼女は時々水牛を川に追い込んで水をはねさせる。ジャワ島の東にあるフロレス島では,雨乞いのために太鼓をうって雷鳴を呼びよせる。…

【穀倉】より

…バリ島の穀倉は高床で,はしごをかけて妻側の窓から稲を入れる。インドネシアのスラウェシ島のトラジャ族の伝統的住居はトンコナンとよぶ主屋とアランとよぶ米倉からなる。両者とも高床で,棟の反り上がった優美な切妻屋根をもつ。…

【死】より

…ときには死後盛大な儀礼が行われること自体が大きな意味をもつこともある。スラウェシに住むトラジャ族は濫費的といえるほどの祭りを死者のために催すが,これによって個人の死は社会の成員との広範囲なつながりを獲得するのであり,死を生者の営みの中に積極的な意義をもつものとして取り込むことになるのである。【内堀 基光】
【〈死〉の観念】
 人間の死には,自己の死と他者の死の両面が含まれているが,現実にはそのどちらかの一方に重点をおいてみるのが普通である。…

【住居】より

…住居と宇宙観ないし世界観とのかかわりである。このような例として,多彩なインドネシアの民族建築の中でもひときわ異彩を放つスラウェシのトラジャ族の住居やスマトラのバタク族の住居があげられる。それらの住居のもつけた外れの装飾性に,その民族の宇宙観の現れを見ることができる。…

【東南アジア】より

…ほんとうの意味での水稲耕作が確立するまでには今しばらく時間がかかりそうである。(5)島嶼部高地区 島嶼部高地の典型例はスマトラのバタク族やスラウェシ(セレベス)のトラジャ族の居住地である。これらの居住地の平均標高は約1000mである。…

※「トラジャ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トラジャ族の関連キーワードスラウェシトゥンガラ州スラウェシスラタン州スラウェシバラット州スラウェシトゥンガ州フリッツ ザラジンインドネシア諸族ポール ザラジンプロト・マレー人マカッサル族ポーソ[湖]トンコナンアドリアニマカッサルスリン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トラジャ族の関連情報