コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリプトファン トリプトファン tryptophan

翻訳|tryptophan

7件 の用語解説(トリプトファンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリプトファン
トリプトファン
tryptophan

アミノ酸の一種。略号 Trp 。L体は広く蛋白質中に少量ずつ存在する。カゼインパンクレアチンによる加水分解で得られる。絹糸状光沢をもつ板状晶。融点約 2900℃ (分解) 。必須アミノ酸の一種である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トリプトファン(tryptophan)

必須アミノ酸の一。広くたんぱく質に含まれるが含有量は少なく、欠乏しやすい。生体内でニコチン酸セロトニンインドール酢酸などの合成の原料として重要。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

トリプトファン

 C11H12N2O2 (mw204.23).

 必須アミノ酸の一つ.タンパク質の常在成分であるアミノ酸の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

とりぷとふぁん【トリプトファン】

たんぱく質を構成する必須アミノ酸の1つで、牛乳から発見されました。体内では、たんぱく質の材料として使われるほか、余った分は肝臓や腎臓(じんぞう)で分解され、エネルギー源として利用されます。
 トリプトファンは脳に運ばれると、セロトニン、ドーパミンノルアドレナリンといった神経伝達物質をつくる原料になります。このうち、セロトニンには催眠(さいみん)、鎮痛、精神安定などの作用があり、不眠の傾向がある人やうつ病ぎみの人に有効。腸管の運動を促進する働きもあります。
 セロトニンは、さらに脳の松果体(しょうかたい)メラトニンというホルモンの原料にもなります。メラトニンは加齢を遅らせるといわれているため、若返り薬としてアメリカで人気を呼び、日本でも話題になりました。また、時差ボケの解消、がんの予防にも有効であるといわれます。
 一方、ドーパミンやノルアドレナリンは、脳や行動障害の治療に有効で、うつ病、不眠症などの治療薬として用いる研究がすすんでいます。
 トリプトファンは、乳製品ダイズ製品、卵黄(らんおう)ナッツ類、バナナなどに多く含まれています。また、サプリメントにも、これを含んだものが出回っているようです。
 摂取する際のポイントは、ビタミンB群といっしょに摂取すること。そうすると、体内での利用効率が高まります。とくに、サプリメントとして、単独で摂取する場合は、この点を心がけてください。ただし、長期間サプリメントを服用するなど、過剰にトリプトファンを摂取すると、肝臓の脂肪に変化を起こし、肝硬変(かんこうへん)になりやすいので注意が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

トリプトファン【tryptophan】

必須アミノ酸のひとつ。牛乳から発見され、乳製品、種実類、大豆など、主に動物性たんぱく質に多く存在する。トリプトファンが血液から脳に運ばれるとビタミンB6ナイアシンマグネシウムとともに、神経伝達物質であるセロトニンドーパミンノルエピネフリンを生成することで、精神安定、鎮痛作用、催眠効果をもたらすほか、偏頭痛の改善、抗うつ作用、アルコール依存症による症状の緩和などに効果が期待できる。不足すると精神不安定になり、睡眠障害を起こすこともある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トリプトファン【tryptophan】

必須アミノ酸の一。白色または淡黄色の結晶。種々のタンパク質中に少量ずつ存在し,発育・成長・体重保持などに必須。生体内で重要な代謝経路があり,生理学上重要。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリプトファン
とりぷとふぁん
tryptophan

芳香族α(アルファ)-アミノ酸の一つ。略号はTrpまたはW。ノイマイスターNeumeisterが1890年に、タンパク質のトリプシン分解物中のインドールに似た性質を示す物質にトリプトファンと名づけた。1902年ホプキンズとコールS. W. Coleにより、乳タンパク質のカゼインの膵液(すいえき)消化物から単離された。L-トリプトファンはタンパク質を構成するアミノ酸の一つとして広く存在するが、タンパク質中の量はあまり多くない。微生物ではインドール-3-グリセロリン酸に酵素トリプトファンシンテターゼが働いて合成される。動物では二つの主要な代謝経路があり、一つはキヌレニンになる経路で、キヌレニンはさらにキヌレン酸、キサンツレン酸、ニコチン酸、TCA回路につながるアセトアセチル補酵素Aになる。もう一つは、5-ヒドロキシトリプトファンから、セロトニン(神経伝達物質、ホルモン)になる経路である。また、植物、動物でインドール酢酸(成長ホルモン)への経路がある。ホプキンズ‐コール反応(青紫色)、臭素水による赤紫色反応(古武弥四郎(こたけやしろう)の古武反応)、280ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)に極大をもつ紫外線吸収などで検出される。分子量204.22。[降旗千恵]

栄養

栄養上、必須(ひっす)アミノ酸の一種で、食品中に広く分布するが含量が少なく、欠乏しやすいアミノ酸である。体内でタンパク質合成に必要なだけでなく、ビタミンの一種であるニコチン酸の生成材料として重要である。トウモロコシタンパク質にはトリプトファンが含まれていないため、トウモロコシ常食地方ではトリプトファンと同時にニコチン酸が不足し、ペラグラが発生しやすい。[宮崎基嘉]
『高分子学会バイオ・高分子研究会編『遺伝子組換えを駆使した蛋白質デザイン』(1987・学会出版センター) ▽三浦謹一郎他編著『タンパク質工学――新しい物質生産の礎を築く』(1988・啓学出版) ▽マックス・ペルツ著、林利彦・今村保忠訳『生命の第二の秘密――タンパク質の協同現象とアロステリック制御の分子機構』(1991・マグロウヒル出版) ▽船山信次著『アルカロイド――毒と薬の宝庫』(1998・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトリプトファンの言及

【ビタミン】より

…ビタミンのなかには体内で生合成されるものもある。たとえばビタミンB複合体であるニコチン酸は,肝臓でトリプトファンから生成される。しかしその量は生体が必要とする量に及ばない。…

※「トリプトファン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トリプトファンの関連キーワードカナバニンフェニルアラニンアミノ酸バランスAE比ケミカルスコアタンパク質価タンパク質の質糖タンパク質必須アミノ酸指数必須-非必須アミノ酸比

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トリプトファンの関連情報