コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルク トルクtorque

翻訳|torque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルク
torque

ねじりモーメントともいう。固定軸のまわりに剛体を回転する力の効果を表わす量。その軸のまわりの力のモーメント,すなわち力 F の着力点からその軸までの垂直距離を hF の固定軸に垂直な面上の成分を f とするとき,トルクは hf である。つまり,ある点に関する力のモーメントに等しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トルク

物体をある回転軸のまわりに回転させる力,またその力のモーメント。工学では特に動力が伝達される軸に働くねじりモーメントをいう。
→関連項目オートクラッチクラッチコンデンサーモーター伝動装置動力計トルクコンバーターはずみ車誘導電動機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルク【torque】

物体をある回転軸のまわりに回転させる力のモーメント。工学ではとくに,動力が伝達される軸に働くねじりモーメントを指す。その大きさはそのトルクによる軸のねじれ角,あるいは伝達される動力を吸収する負荷の制動トルクから求められる。このときトルクの計測に重点のあるものをトルク計,動力の計測に重点のあるものを動力計と呼ぶこともある。【酒井 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トルク【torque】

回転軸のまわりの、力のモーメント。棒をよじる力や原動機の回転による駆動力を示すのに用いる。ねじりモーメント。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルク
とるく
torque

動力を伝達する回転軸に作用する力のモーメントで、ねじりモーメントともいう。この回転軸の伝達動力をPkWとし、毎分の回転数をnとすると、この時、軸に掛かるトルクT(単位はニュートンメートルN・m)はT=9.55P/n(N・m)で与えられる。このトルクは、力と距離の積で表される量で、軸を回転させるための力に軸心からの距離を掛けたものとなる。したがって、同じトルクを発生するためには、中心からの距離が遠いほど、小さな力で良いことになる。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトルクの言及

【電動機】より


【エネルギー変換】
 回転形の電動機は回転運動の形で動力を発生する。この動力はトルク(物体を回転させようとする作用)と回転速度によって定まる。図1のaのように,回転軸の中心からr(m)の距離の点にrと直角の方向に力f(N)が働くとき,Tfr(N・m)をトルクという。…

※「トルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トルクの関連情報