コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルコギキョウ Eustoma grandiflorum; prairie gentian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルコギキョウ
Eustoma grandiflorum; prairie gentian

リンドウ科の一,二年草で,北アメリカに自生する。和名に反してトルコにもキキョウにも関係はない。属名のエウストマ (ユーストマ) や,旧属名のリシアンサス Lisianthusの名で呼ばれることもある。特に切り花として人気が高く,矮性品種は鉢植えでも流通する。全草が灰緑色で,細い茎が直立,草丈は 30~90cmになる。卵形または長楕円形の葉は互生し,平滑でろう質を帯びる。茎頂につく花は直径5~6cm。花冠は鐘状で5裂する。原種は本来,淡紫色であるが,育種によって桃色,白色,淡黄色,複色,八重咲き,半八重咲きなど多くの品種が生れている。水はけのよいひなたを好む。過湿になると立枯病が出やすくなるので注意する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トルコギキョウ

園芸界では旧学名に基づいてときにリシアンサスとも呼ばれる。北米原産のリンドウ科の一〜二年草。切花,花壇用に向く。高さ30〜60cmに直立し,灰緑色,長楕円〜卵形の葉を対生

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルコギキョウ【Eustoma russellianum (Hook.) Griseb.(=Lisianthus russellianus Hook.)】

切花や鉢植えに近年需要の多いリンドウ科の多年草(イラスト)。草丈は30~60cm,茎は直立し,広卵形の平滑な葉を対生し,夏季に上部でまばらに分枝し,径6~8cmの花をつける。つぼみはねじれるが,開けば5深裂した杯状の花となり,弁底に褐紫色の斑紋がある。めしべ柱頭は2裂している。原種の花色は淡紫色であるが,改良種はピンク,青紫色,白など。夏の切花として水揚げもよく,長野県下ではハウスでの切花栽培が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルコギキョウ
とるこぎきょう
[学]Eustoma russellianum Griseb.

リンドウ科の半耐冬性一年草または多年草。古い分類属名からリシアンサスLisianthusともいう。北アメリカ原産で、和名のトルコとは関係なく、キキョウの仲間でもない。茎は細く直立し、高さ約60センチメートル。葉は長楕円(ちょうだえん)形、平滑でろう質を帯び、灰緑色を呈する。茎の頂部に大きな杯状の淡紫色花を開く。花弁の基部に濃色の斑(ふ)がある。園芸種には濃紫、桃、白色花などがあり、夏の高温下でも切り花の水揚げがよいので、近年は夏に多く利用する。普通、秋にビニルハウス下で播種(はしゅ)するが、種子はきわめて微粒で苗を育てるのに技術を要するため、一般家庭での栽培にはやや不向きである。[伊藤秋夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

トルコギキョウ[花卉類]
とるこぎきょう

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
主に長野・諏訪・上伊那地域で生産されている。長野県内では昭和20年代に長野地域で栽培が始まった。現在、長野県のトルコギキョウ生産量は全国トップクラス。

トルコギキョウ[花卉類]
とるこぎきょう

九州・沖縄地方、大分県の地域ブランド。
主に杵築市佐伯市津久見市などで生産されている。トルコギキョウは品種が豊富。結婚式のブーケや観賞用などとして利用されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

トルコギキョウの関連キーワード福田(静岡県)上田市庄内町鐘状

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トルコギキョウの関連情報