コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルコ革命 トルコかくめいMillî mücadele

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルコ革命
トルコかくめい
Millî mücadele

第1次世界大戦後,連合国トルコ分割に反対して戦われた祖国解放運動とそれに続くトルコ共和国初期の政治的・社会的諸改革をいう。第1次世界大戦後,連合国が首都イスタンブールを占領し,アナトリアの分割が日程にのぼると,アナトリア各地に反帝国主義運動が起った。特に 1919年5月,ギリシア軍がイズミルを占領すると,これらの抵抗運動はケマル・アタチュルクを中心に統合された。アンカラを首都とし,大国民議会に結集した解放軍 (アンカラ政府) は,22年 11月スルタン制の廃止を宣言した。 23年ローザンヌ条約によってトルコの独立は承認され,同年 10月共和制が宣言された。これに続いて世俗主義に基づく諸改革が断行され,カリフ制の廃止 (1924) ,神秘主義教団の閉鎖 (25) ,太陽暦 (グレゴリオ暦) の採用 (25) ,ラテン文字の採用 (28) ,イスラム教を国教とする条項の削除 (28) などが行われた。一方,経済的自立を求めて外国系特権企業の買収,関税自主権の獲得,鉄道の国有化などの措置をとるとともに,植民地化以来の民族資本の欠如を補うためにエタティスム (国家資本主義) 経済を展開した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルコかくめい【トルコ革命】

第1次世界大戦後のトルコ人による祖国解放運動,およびその結果成立したトルコ共和国における一連の改革。ただし,後者のみを指す場合もある。オスマン帝国が第1次大戦に敗北すると,アナトリアはイギリス,フランス,イタリアおよびギリシアの占領下に置かれ,民族的独立を脅かされた。トルコ人は各地にパルチザン運動を組織してこれに対する抵抗を開始。やがてムスタファ・ケマル(のちのケマル・アタチュルク)が,1920年4月23日にアンカラに〈トルコ大国民議会〉政府を樹立してこれらの運動を統合し,連合国の側に回ったオスマン帝国のスルタン・カリフ政府に対して,公然と反乱。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トルコかくめい【トルコ革命】

オスマン帝国を倒し、トルコ共和国を樹立した革命。ケマル=アタチュルクを指導者とし、1923年スルタン制が廃止され、共和国が成立。翌年カリフ制廃止・新憲法制定がなされ、以後近代化政策が進められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルコ革命
とるこかくめい

ケマル・アタチュルクムスタファ・ケマル)の指導の下に、オスマン帝国を倒し、トルコ共和国を樹立した革命。第一次世界大戦でのオスマン帝国敗戦に乗じ、西アナトリアに侵入したギリシア軍を撃退するために、アタチュルクは1919年東部諸州会議をエルズルムに招集、アナトリア・ルメリ権利擁護協会を結成した。20年、オスマン政府が連合国に屈し、セーブル条約に調印すると、アタチュルクはアンカラに大国民議会を開き新政府を樹立し、ギリシア軍に対し軍事行動を起こした。21年、サカリヤの戦いで勝利し、ギリシア軍をアナトリアから追い出した。22年、スルタン制を廃止し、唯一のオスマン政府としてアンカラ政府は翌年連合国と対等の条件でローザンヌ条約を結んだ。小アジアの全領土の保全、カピトゥレーション(治外法権)の撤廃が認められた。23年10月トルコ共和国の成立が宣言され、オスマン帝国は消滅した。アタチュルクは初代大統領に就任、アナトリア・ルメリ権利擁護協会はトルコ人民党となった。24年カリフ制を廃し、4月に共和国憲法を制定した。その後、多くの改革が行われた。トルコ帽およびベールの廃止、神秘主義教団の解散、文字改革、憲法からイスラム教の国教規定を削除、姓氏法の制定などであった。また産業の育成など経済面での改革なども推進され、国立中央銀行を新設し紙幣発行権を確保した。トルコ革命により、近代国家の基礎が確立され、国際的地位も向上した。[設楽國廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トルコ革命の関連キーワードフェルディナント1世[ブルガリア王]アブドゥルハック・ハーミトヒュセインザーデ・アリーテブフィク・フィクレトアブドゥル・ハミト2世ナクシバンディー教団フサイン・b.アリーセイディ・ヌルシーメフメト・アーキフシェウケト・パシャエンウェル・パシャジェマール・パシャヌルシー セイディエンウェル・パシャ三月三十一日事件アクチュラオウルエンベル・パシャタラート・パシャジャービト・ベイジヤ・ギョカルプ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android