コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロイア Troia/Τροία

デジタル大辞泉の解説

トロイア(Troia/Τροία)

トルコ西部にある古代都市の遺跡。小アジア半島(アナトリア)の北西端、エーゲ海から内陸へ約5キロメートル、ヒッサリクの丘に位置する。紀元前3000年頃から集落ができ、紀元前2500年から前2000年頃にかけて地中海交易の拠点として栄えたが、やがてトロイア戦争が起こり衰退。古代ギリシャ時代はイリオスまたはイリオン、もしくはトロイアトロヤとよばれた。ドイツの考古学者シュリーマンが1870年代より発掘を開始し、同地がトロイアであると比定。引き続き行われた発掘調査により、最下層の第一市から最上層の第九市まで、異なる時代の九つの都市があったと考えられ、第一市の住居跡、第二市の道路、第六市の城壁や塔、第九市の劇場や神殿などの遺跡が残る。1998年に世界遺産(文化遺産)に登録された。トロイ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

トロイアの関連キーワードカール・ウィリアム ブレーゲンクイントゥス[スミュルナの]トロイの古代遺跡フィロクテテスオデュッセウスデルプフェルトペンテジレーアペンテシレイアトロイ人たちカッサンドラアガメムノンディオメデスガニュメデストロイの木馬アンドロマケカリュプソーパラディオンメネラオスパラメデスプリアモス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トロイアの関連情報