コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンガ族 トンガぞくTsonga; Thonga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンガ族
トンガぞく
Tsonga; Thonga

モザンビーク南部およびスワジランド南アフリカ共和国の海岸平原に居住する南バンツー語系の民族。人口は 300万以上と推定される。キャッサバ,トウモロコシ,シコクビエなどを栽培する移動農耕民であるが,牧畜も重要。現在では賃労働に従う者も多く,ジンバブエ,南アフリカ共和国などへ出稼ぎに出ている。牛は財産であり,婚資,犠牲獣としても重要である。父系リニージが散居小集落をつくり,出自,地位の継承,財産の相続も父系的である。かつては自律的な地域集団が多数分立したが,19世紀にングニ諸族に征服された。宗教は高度に儀礼化された祖霊信仰が盛んであるが,キリスト教も普及している。

トンガ族
トンガぞく
Tonga

ザンビア南部を中心にジンバブエ,ボツワナの北部にかけて広がる高原峡谷に居住するバンツー語系の一民族。人口は 100万以上と推定される。南バンツー語系のショナ族のうちコレコレ族に属する。移動耕作を生業とし,牛の飼養を行なっていたが,高原部では 1930年代から市場経済の影響が大きく,定住化と賃労働による文化変容が著しい。峡谷部では,伝統的な生活が比較的残されており,憑依儀礼が盛んである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トンガぞく【トンガ族 Tonga】

南部アフリカに居住するバントゥー系の農耕民。ザンビアとモザンビーク南部に居住するものをともにトンガ族と呼ぶ。(1)ザンビアのトンガ族は言語の系統では中央バントゥーに属し,人口は約25万。三つのグループに分かれているが,互いに文化的には近い。北東部に居住する高原トンガ,ザンビアとボツワナの国境地帯の南トンガ,そして中部のザンベジ川中流域に住む河谷トンガである。いずれも,トウモロコシ,モロコシなどの雑穀を主食用作物とし,まめ,ラッカセイなどの商品作物を栽培する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトンガ族の言及

【モザンビーク】より

…ショナ族は音楽でも有名である。南部のトンガ族Tongaは南アフリカ共和国のトランスバール州にまたがって居住している農牧民である。ミレットとトウモロコシを主食作物として栽培するほか,牛を飼育し,花嫁代償に用いるほか,経済的な重要性をもたせている。…

【モザンビーク】より

…ショナ族は音楽でも有名である。南部のトンガ族Tongaは南アフリカ共和国のトランスバール州にまたがって居住している農牧民である。ミレットとトウモロコシを主食作物として栽培するほか,牛を飼育し,花嫁代償に用いるほか,経済的な重要性をもたせている。…

※「トンガ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トンガ族の関連キーワードリンポポ州

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android