コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ト・ホーフト 't Hooft, Gerardus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ト・ホーフト
't Hooft, Gerardus

[生]1946.7.5. デンヘルデル
オランダの物理学者。1972年ユトレヒト大学で物理学の博士号を取得,1977年同大学の物理学教授に就任。ユトレヒト大学大学院に在学中の 1969年当時,マルティヌス・J.G.フェルトマンのもとで自然界に働く力を統一する理論の研究に取り組む。1971年に,自然界に存在する四つの力のうち電磁気力電磁相互作用)と弱い相互作用を統一するワインバーグ=サラムの理論が,無限大となる量から有限な量を抜き出して計算することのできる「くりこみ可能性」(→くりこみ理論)を備えていることを数学的に証明した。さらに,弱い相互作用を媒介する粒子として存在が予測されていた W粒子と Z粒子の構造を解明した。素粒子論の研究に貢献したこの業績によって,フェルトマンとともに 1999年ノーベル物理学賞を受賞した。(→素粒子素粒子物理学

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ト・ホーフトの関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android