コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥメール ドゥメール Doumer, Paul

2件 の用語解説(ドゥメールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥメール
ドゥメール
Doumer, Paul

[生]1857.3.22. オーリヤック
[没]1932.5.6. パリ
フランスの政治家。第三共和政第13代大統領(在任 1931~32)。任期半ばで暗殺者の凶弾に倒れた。1889年ヨンヌ県から急進党の下院議員に選出,1895年財務の専門家としてブルジョア内閣の財務大臣に任命された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥメール【Paul Doumer】

1857‐1932
フランス領インドシナ連邦の総督,フランス第三共和国大統領。1887年,フランスはサイゴン条約フエ条約等で領有権,保護権を得たトンキンアンナンコーチシナカンボジア(1899年にラオス)を一括してフランス領インドシナ連邦を建設した。これ以後,鉄道公債を中心に大量のフランス資本がインドシナに流入した。97年,総督に着任したドゥメールは関税制度,塩,アヘンアルコール専売制度,物品税制など,間接税制を強化して連邦財政に組み込み,公債支払いを安定化してフランス資本の要請にこたえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドゥメールの関連キーワードインドシナ戦争フランス領インドシナ仏印仏領インドシナマンデスフランスフランス領ソマリランドインドシナ銀行マルティニクラヌッサンフランス領インドシナ連邦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone