コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス領インドシナ フランスりょうインドシナUnion Indochinoise Française

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス領インドシナ
フランスりょうインドシナ
Union Indochinoise Française

19世紀後半,トンキン (北部ベトナム) 保護領,アンナン (中部ベトナム) 保護領,コーチシナ (南部ベトナム) 直轄植民地カンボジア保護領,ラオス保護領の5領をもって構成されたフランスの植民地インドシナ連邦。この連邦制は,東部コーチシナ領有 (1862) に始り,カンボジア (63) ,トンキン,アンナン (83) 諸邦の保護領化を経て,1887年にしかれ,その後,93年に保護領としたラオスなどを編入 (95) して完備され,1945年まで継続された。この連邦は,フランス本国の行政権の代行者であり,またインドシナ全般の利益代表者でもある総督によって統治された。連邦構成各邦の地方行政長官としては,植民地のコーチシナに知事が,その他の各保護領には理事長官がおかれた。保護領にはフランス行政と並行して形式的な土着行政が行われたが,実権はまったくなかった。こうした支配に対しては,すでに統治の初期から,民族意識の高揚していたベトナム民族を中心に反仏独立闘争が続いて展開され,45年3月日本軍によるフランス側からの政権奪取を経て,同年9月にはベトナム民主共和国の独立を迎えるにいたった。しかし,フランスは南ベトナムにおける支配権を放棄しようとせず,7年半にわたる全面戦争の結果,54年のジュネーブ極東平和会議によって,ついにインドシナ半島から撤退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フランス領インドシナ【フランスりょうインドシナ】

フランスが1887年から1945年の間領有したインドシナにおける植民地および保護領で,現在のベトナム,カンボジア,ラオスの地域および広州湾租借地を含む。仏印とも略。
→関連項目アンナンインドシナカンボジアコーチシナトンキンハノイ仏印進駐ベトナムラオス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランスりょうインドシナ【フランス領インドシナ Indochine française】

1887‐1945年,ラオス,カンボジア,ベトナムなどの地域に置かれたフランス領とフランス保護領からなる連邦組織の総称。日本では仏印と略称した。
成立
 第二帝政下のフランスは,宣教師殺害事件を口実に1858年ベトナムに侵攻し,62年のサイゴン条約によって南部ベトナムの東3省を奪い,67年には実質的に西3省を併合した。これらはフランス領コーチシナと呼ばれた。さらに70年代より,中国内陸部への商業ルートとしてのソンコイ川(紅河)に注目し,73年ガルニエ事件を引き起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フランスりょうインドシナ【フランス領インドシナ】

1887年から1945年まで、インドシナ半島東部、現在のベトナム・ラオス・カンボジアの地にあったフランスの植民地。仏領インドシナ。仏印。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のフランス領インドシナの言及

【インドシナ】より

…造語はイギリスの医者で詩人のジョン・レイデンJohn Leyden(1775‐1811)と言われるが,事実とすれば,彼のペナン滞在中の作品《インドシナ諸民族Indo‐Chinese Nationsの言語と文学に関する論考》(1805)がこの語の初出であろう。狭義ではかつてフランスの支配下におかれたベトナム,カンボジア,ラオスの3国のみを指すが,これは〈フランス領インドシナ連邦〉(1887‐1945)の略である。ちなみにフランス人は独立前のミャンマーを〈イギリス領インドシナ〉と呼んでいた。…

【ドゥメール】より

…フランス領インドシナ連邦の総督,フランス第三共和国大統領。1887年,フランスはサイゴン条約フエ条約等で領有権,保護権を得たトンキン,アンナン,コーチシナ,カンボジア(1899年にラオス)を一括してフランス領インドシナ連邦を建設した。…

【ベトナム】より

…さらに73年のガルニエ事件に続く第2次サイゴン条約,83年のリビエール事件に続く2次にわたるフエ条約によって,北部をトンキン保護領,中部をアンナン保護国として,植民地化することに成功した。そして1887年にはカンボジア保護国を加えてフランス領インドシナ連邦が成立した。
[フランス植民地時代]
 フランスの侵略に抗して,1885年ハムギ(咸宜)帝はトン・タット・トゥエット(尊室説)らと山地にこもってバンタンの蜂起を呼びかけ,北部・中部一帯に農民蜂起が広がった。…

※「フランス領インドシナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランス領インドシナの関連キーワードJ.M.A.d. ラヌッサンÉ.F. エーモニエグエン・タイ・ホクゲティン・ソビエトバッファーステートグエン・タイ・ホクインドシナ総督府P. ドゥメールモンタニャール三・九クーデタインドシナ戦争インドシナ銀行パテト・ラオマルティニク大東亜共栄圏デュピュイ内山岩太郎エーモニエドゥメールラヌッサン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android