コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクゼリ(毒芹) ドクゼリCicuta virosa; water hemlock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドクゼリ(毒芹)
ドクゼリ
Cicuta virosa; water hemlock

セリ科の大型の多年草。北半球の旧大陸の温帯から暖帯に広く分布し,日本でも北海道や本州の中部,北部の水湿地に自生する。地下茎は太く節間が縮まってたけのこ状になり,緑色で中空である。茎は高さ 1mに達し中空で分枝する。葉は羽状複葉で長い葉柄があり,平滑で毛はない。葉柄の基部は鞘となり茎を抱く。夏に,茎の先端および葉腋複散形花序をなして多数の白色の小花をつける。各花序に 10数個の花がつく。花弁は5枚でおしべ5本,めしべ1本があり,果実は球形で直径 2.5mmほどになる。植物体全体に猛毒があり,あやまって食べると中枢神経がおかされ痙攣を起して死を招く。地下茎が変った形をしているので延命竹または万年竹として観賞用にされるが猛毒なので注意を要する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドクゼリ【ドクゼリ(毒芹) water hemlock】

池や沼沢に生えるセリ科の有毒な大型多年草(イラスト)。地下茎は太くて緑色,中空で水中に浮かんでいる。茎は高さ1mに達し,上部で分枝する。葉は2~3回羽状複葉で,毛がない。6~8月ころ,茎の先に複散形花序をつけて,多数の白い花をつける。花弁は5枚で先は内に曲がる。おしべは5本。果実はほぼ球形で,長さ約2.5mm,肋は太くてやや木化し,熟すと落ちて水面に浮いて散布する。地下茎は冬季にたけのこ形をしており,水盤に栽培して延命竹,万年竹などと呼んで観賞することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドクゼリ(毒芹)の言及

【有毒植物】より

…シキミに含まれるアニサチン,6月ころに紅紫色の美しい実をつけるドクウツギに含まれるコリアミルチンは,ともに中枢神経を興奮させはげしい痙攣をさそい呼吸困難による死を招く。ドクゼリに含まれるシクトキシンも同様の作用を発揮する。バラ科のアンズ,ウメ,モモなどの種子はアミグダリン,マメ科のライマメ,イネ科植物などはリナマリンなどの青酸配糖体を含有し,腸内細菌の働きで青酸を遊離する結果,チトクロム酸化酵素の活性を阻害し呼吸を止めてしまう。…

※「ドクゼリ(毒芹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドクゼリ(毒芹)の関連キーワードドクニンジン(毒人参)

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android