コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドホナーニ ドホナーニDohnányi, Ernö

4件 の用語解説(ドホナーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドホナーニ
ドホナーニ
Dohnányi, Ernö

[生]1877.7.27. ポジョニー(現ブラチスラバ)
[没]1960.2.11. ニューヨーク
ハンガリーの作曲家,ピアニスト,指揮者。ブダペスト王立音楽院卒業後ピアニストとしてデビュー。 1908年ベルリン音楽学校教授,19年ブダペスト音楽院長,39年ハンガリー放送総監督を歴任し,第2次世界大戦後は,49年以来アメリカに定住,フロリダ州立大学で教鞭をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドホナーニ

ハンガリーの作曲家,ピアノ奏者,指揮者。ポジョニュ(現ブラチスラバ)に生まれ,ブダペストの王立音楽アカデミーで学ぶ。1898年ピアノ奏者としてデビュー。作品もブラームスに絶賛され,F.リスト以来のハンガリーの作曲家,ピアノ奏者と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ドホナーニ

趣味でチェロを弾いていた父に音楽の手ほどきを受け、ピアノ、作曲をブダペスト王立音楽院(後のリスト高等音楽学校)で学んだ。後に同校の教授、校長となり、19~44年にはブダペスト・フィルハーモニー協会主席 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドホナーニ【Dohnányi Ernő】

1877‐1960
ハンガリーのピアニスト,作曲家,指揮者。ブダペスト音楽アカデミーに学ぶ。1898年ロンドンでピアニストとしてデビュー。また室内楽作品等によりブラームスの絶賛を浴び,1900年ごろにはハンガリーの生んだリスト以来の最高のピアニスト,作曲家として国内外に認められる。ベルリンで活躍ののち15年ブダペストに戻り,多数の演奏会を開き,教育活動も行う。さらにブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者を務め,友人のバルトークらの作品を積極的に取り上げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドホナーニの言及

【ハンガリー】より

…【家田 修】。。…

※「ドホナーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドホナーニの関連キーワード菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋宮崎八郎オスロ大森貝塚既製服西南戦争大学南校

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドホナーニの関連情報