コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドメニキーノ Domenichino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドメニキーノ
Domenichino

[生]1581.10.21/28. ボローニャ
[没]1641.4.6. ナポリ
イタリアの画家。本名 Domenico Zampieri。 D.カルバールトのもとで修業したのち,L.カラッチのアカデミアに学ぶ。 1602年ローマに出て,A.カラッチの助手としてファルネーゼ宮の装飾にたずさわって以来,ボローニャ派の代表的画家となる。初期の作品はカラッチの影響を強く受けているが,15~17年ローマのサン・ルイージ・デイ・フランチェージ聖堂に描いた連作壁画『聖チェチリア』は,ラファエロ的な明快な構成によって古典主義的傾向を示し,24~28年ローマのサン・アンドレア・デラ・バレ聖堂に描いた『4人の福音史家』や『聖アンドレアの生涯』ではバロック的傾向を示す。代表作は上記のほか,ボルゲーゼ宮の装飾壁画 (1618~19頃) ,ナポリの大聖堂内の聖ヤヌアリウス礼拝堂装飾壁画 (31~34,35~41) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドメニキーノ

イタリア・バロックのボローニャ派の画家。本名ドメニコ・ツァンピエーリDomenico Zampieri。ボローニャ生れ。グイド・レーニとともにカラッチ一族の最も重要な弟子の一人で,古典的で明快な画面構成を特色とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドメニキーノ【Domenichino】

1581‐1641
イタリア,ボローニャ派の画家。本名ドメニコ・ツァンピエーリDomenico Zampieri。ボローニャに生まれ,ルドビコ・カラッチに師事。1602年にローマに出,アンニバレ・カラッチのもとでファルネーゼ宮殿の装飾に参加したのを皮切りに,多くのフレスコ画を手がけた。31年以後は没するまで,主としてナポリで活動。ラファエロを理想としたボローニャ派の中でもとりわけ古典主義的傾向が強いが,ローマのサンタンドレア・デラ・バーレ教会天井画(1622‐28)に代表される中期以降の作品では,よりバロック的表現に接近している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドメニキーノ
どめにきーの
Domenichino
(1581―1641)

イタリア初期バロックの画家、理論家。本名ドメニコ・ザンピエリ。ボローニャに生まれる。最初カルベールトに師事したのち、ロドビコ・カラッチのアカデミーに学ぶ。1602年ローマに赴き、アンニバレ・カラッチの下でパラッツォ・ファルネーゼの装飾に従事。主としてローマで活躍し、主要作品に『聖ヒエロニムス』(1614、バチカン美術館)、『ディアナの狩猟』(1617、ローマ、ボルゲーゼ美術館)、サンタンドレア・デッレ・バッレ聖堂の壁画装飾(1624~28)があげられる。31年ナポリに赴き、サン・ジェンナロ礼拝堂の壁画および祭壇画を制作、同地に没した。宗教画とともに歴史画、風景画を数多く残し、静謐(せいひつ)端正な古典主義的傾向を示す。その風景描写はプーサンならびに同時代の画家に影響を与え、アンニバレ・カラッチの古典主義的バロック様式を17世紀に伝える重要な役割を果たした。グイド・レーニと並ぶボローニャ折衷派の代表的画家である。[三好 徹]
『朝日新聞社編・刊『名画の見どころ読みどころ 朝日美術鑑賞講座3――17世紀バロック絵画1』(1992) ▽前川誠郎先生記念論集刊行会編『美の司祭と巫女 西洋美術史論叢』(1992・中央公論美術出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ドメニキーノ

生年月日:1581年10月21日
イタリアの画家
1641年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のドメニキーノの言及

【ボローニャ派】より

…古い大学都市ボローニャは,13世紀の写本彩飾画にさかのぼる優れた美術的伝統を有するが,普通〈ボローニャ派〉という場合には,ボローニャで学び新様式を確立してイタリア美術に主導的役割を果たした16世紀末から17世紀前半にかけての一群の画家をさすことが多い。 彼らはいずれもボローニャでカラッチ一族のアカデミア(1582設立)に学び,そのおもだった者,すなわちレーニ,アルバーニ,ランフランコドメニキーノらはアンニバレ・カラッチに倣って1600年ころローマに出,教会堂,宮殿の大規模なフレスコ装飾,宗教的・神話的主題の油彩画を手がけ,アンニバレのあとを受けてローマ画壇の主流をなした。ただし,30余年にわたりローマで活動したドメニキーノとランフランコを別とすれば,ボローニャ派のローマ滞在は短期かつ断続的である。…

※「ドメニキーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドメニキーノの関連キーワードカラッチ(Annibale Carracci)ランフランコカラッチ一族イタリア美術アルガルディカルバールトファルコーネアルバーニミニャール生年月日プッサン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android