ドレスデン国立絵画館(読み)ドレスデンこくりつかいがかん(英語表記)Staatliche Kunstsammlungen, Dresden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドレスデン国立絵画館
ドレスデンこくりつかいがかん
Staatliche Kunstsammlungen, Dresden

ドイツのドレスデン国立美術コレクションに属する美術館の一つ。 1722年に総目録が作られたザクセン選帝侯家のコレクションを展示する宮殿内の画廊として発足。 1831年国立美術館として公開された。 47年には同宮殿内に G.ゼンペル設計によるゼンペル・ギャラリーが増築された。ザクセン侯家は代々ドイツ・ルネサンスの画家たちのパトロンでもあったので,それらの作品のほか,プラハ城から一括購入したイタリア・ルネサンスの名画やその後の収集になるフランス,フランドル,スペイン,オランダの絵画を加え,ヨーロッパ屈指の絵画館となった。その後も 20世紀に入るまで絵画の収集が行われ,近代絵画の蔵品も多い。ラファエロの『サン・シストの聖母子』,レンブラントの『画家とサスキア』,クラナハの『ザクセン侯ハインリヒとその妻カタリーナ』などのほか,ティントレット,P.ベロネーゼ,F.リッピデューラーらの名作が数多く所蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドレスデン国立絵画館【ドレスデンこくりつかいがかん】

ドレスデンのツウィンガー宮の北の部分にある。G.ゼンパーが設計。16世紀以降のザクセン選帝侯歴代のコレクションからなるもので,収集の歴史は古い。デューラーホルバインコレッジョルーベンスレンブラントなど15―19世紀の名作を多数収蔵するが,特にラファエロの《シストの聖母》,ジョルジョーネの《眠るビーナス》は有名。第2次大戦でクールベの《石割り》を含む約700点の作品を失った。近くのアルベルチヌムには,近代絵画,彫刻,工芸が納められている。
→関連項目ドレスデン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドレスデンこくりつかいがかん【ドレスデン国立絵画館 Gemäldegalerie Alte Meister Dresden】

ドレスデンにある東ドイツ有数の美術館。その起源は16世紀半ばのザクセン選帝侯の美術品陳列室にさかのぼるが,18世紀前・中期にフリードヒ・アウグスト1世,ついで同2世が権威発現のため美術品の購入を進め,急速に拡大した。ジョルジョーネ《眠るビーナス》,ティツィアーノ《貢の銭》,コレッジョ《聖夜》,ロイスダール《ユダヤ人墓地》,フェルメール《手紙を読む娘》などおもに16~17世紀イタリア,17世紀ネーデルラントに重点を置く主要コレクションの大半がこの時形成され,美術都市ドレスデンの名を高めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドレスデン国立絵画館の言及

【ドイツ美術】より

…古代への関心は,歴史的記念物や遺品への開眼を促し,種々の記念碑や博物館建設の気運が高まったのもこの世紀の特徴である。ミュンヘンの絵画館アルテ・ピナコテーク(1826‐36)もクレンツェの設計になったもので,このほかザイドルGabriel von Seidl(1848‐1913)のバイエルン国立博物館(1896‐1900)やゼンパーのドレスデン国立絵画館(1846‐52)が知られる。また歴史的関心は中世にまでも及び,19世紀初頭のロマン主義思想の流れを引いてケルンやウルムの大聖堂が完成され,ノイシュワンシュタイン城(E.リーデル,1868‐86)やウィーンの奉献教会(H.vonフェルステル,1856‐79)のようなロマネスクやゴシックを模した中世様式建築も造営された。…

※「ドレスデン国立絵画館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android