ド・ブロイ(英語表記)De Broglie, Louis-Victor, 7e Duc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・ブロイ
De Broglie, Louis-Victor, 7e Duc

[生]1892.8.15. セーヌマリティム,ディエップ
[没]1987.3.19. イブリーヌ,バルドセーヌ
フランスの理論物理学者。 17世紀以降著名な政治家,軍人,外交官を輩出した名門貴族の出身。初めパリ大学で歴史学を専攻し,1919年に学位も取得したが,物理学者であった兄モーリスの影響もあって物理学に転じた。 23年,電子その他の原子レベルの粒子には波動性 (ド・ブロイ波ないし物質波と呼ばれる) が付随するという考えを提唱した。翌年これを学位論文にまとめた。この論文アインシュタインによって認められ,さらに E.シュレーディンガー波動力学構築の基礎になった。 27年には,アメリカの C.デービソンと L.ジャーマーが電子の波動性を実験的に確証した。 28年から 62年までパリ大学アンリ・ポアンカレ研究所の理論物理学教授をつとめた。 29年にノーベル物理学賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ド・ブロイ

フランスの物理学者。名門貴族の家に生まれ,パリ大学で歴史を学び,のち物理学に移る。1924年物質波の考えを発表,波動力学先駆をなした。1929年ノーベル物理学賞。1932年パリ大学教授,1945年フランス原子力委員会顧問。科学哲学科学史に関する著作もあり,また量子力学解釈に独自の立場をとった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android