コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーデラー Doderer, Heimito von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーデラー
Doderer, Heimito von

[生]1896.9.5. ワイトリンガウ
[没]1966.12.23. ウィーン
オーストリアの小説家。ウィーン大学で法律,歴史学を専攻して学位取得。その間第1次世界大戦に従軍して4年間ロシア軍の捕虜となる。ギュータースローに触発されて小説家を志望,無意識による行為の意味を探る推理小説仕立ての『だれもが犯す殺人』 Ein Mord,den jeder begeht (1938) によって認められた。以後,大作『シュトルードルホーフ階段』 Die Strudlhofstiege (51) ,『悪霊』 Die Dämonen (56) などを発表。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドーデラー

オーストリアの小説家。ウィーン大学で法律と歴史を学ぶ。人間の無意識的行為の運命的な意味をさぐる《万人の犯す殺人》(1938年)のほか,《シュトゥルードルホーフシュティーゲ》(1951年),《悪霊》(1956年),《メロビング家》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドーデラー【Heimito von Doderer】

1896‐1966
オーストリア作家。ウィーン郊外に生まれる。第1次大戦に参加,シベリアでの4年間の捕虜生活が文筆活動のきっかけとなる。つねにムージルと対比される作家で,帰国後ウィーン大学で歴史学を学び,作家生活に入るが,あまり認められなかった。バロック小説といわれる《回り道》(1940)は,ドーデラーの唯一のテーマ,〈回り道をして人間になる〉をすでに示しており,このテーマは彼自身とともに成長し,《窓の灯》(1950)として結実する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーデラー
どーでらー
Heimito von Doderer
(1896―1966)

オーストリアの小説家。建築家の子としてウィーン近郊に生まれる。第一次世界大戦で捕虜になり4年間シベリアに抑留され、1920年ウィーンに帰還後、小説家になる準備として歴史と心理学を学んだ。33年オーストリアではまだ非合法であったナチスに入党、のちに脱党してカトリックに改宗した。20年代より作家活動に入ったが、第二次大戦後ウィーンを舞台にした長編『シュトルードルホーフ階段』(1951)と『悪霊(あくりょう)』(1956)で小説家としての地位を不動にした。この二つの小説ではギュータースローの影響を受け、緻密(ちみつ)な構成で複数の筋が同時に展開する手法を用い、第一次大戦前後の二つの時代にまたがったウィーンの諸相を一大パノラマとして再現した。同時に、神が創造した世界はいかなる外的要因によっても断絶されることなく継続するという、トミズムに根ざしたオーストリアの伝統的カトリック世界観を呈示し、第一次大戦後の社会変革の動きを否定した。また、第二次大戦後の社会も歴史の連続性のうえにあることを示唆した。この作風は長編『メロビング家』(1962)などにも貫かれている。[村山雅人]
『小川超訳『新しい世界の文学11 窓の灯』(1964・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドーデラーの関連キーワードアルベルト ギュータースローヒューマン・ファクターオーストリア文学9月5日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android