ナイマン(読み)ないまん(英語表記)Naiman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナイマン(トルコ系部族)
ないまん
Naiman

10~13世紀に、アルタイ山脈を中心とする地域に遊牧したトルコ系部族。中国人は乃蛮などと表記した。1204年、チンギス・ハンの攻撃を受け、族長タヤン・ハンが死に、チンギス・ハンに服属した。彼の子クチュルクは西走してカラ・キタイを支配したが、1218年モンゴル軍に殺されてその国も滅亡し、のちオゴタイ・ハン国の領土となった。チンギス・ハンは、ナイマンに仕えていたウイグル人からウイグル文字を採用し、それからモンゴル文字ができた。[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナイマンの関連情報