コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナナカマド

百科事典マイペディアの解説

ナナカマド

バラ科の落葉高木。北海道〜九州の山地〜亜高山にはえ,千島,サハリン(樺太)にも分布。葉は長楕円形の小葉5〜8対からなる奇数羽状複葉で,秋には紅葉する。5〜7月,小枝の先に複散形花序をつけ,径約1cmの白色の5弁花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナナカマド【(Japanese) mountain‐ash】

山地に生え,紅葉の美しいことで知られるバラ科の落葉小高木(イラスト)。高さは10mに達することもあり,古い樹皮は灰色。葉は羽状複葉で互生。小葉は5~7対,長楕円形で長さ3~10cm,鋸歯がある。花は初夏,枝先に集まって多数咲く。花冠は径0.5~1cm,花弁は5枚で円形,白色,おしべは20本。果実は球形で秋に赤熟。 北海道から九州まで広く分布し,高山帯にも生ずる。また,本州中部以北と北海道の高山帯には,ほかにタカネナナカマドS.sambucifolia Roem.とウラジロナナカマドS.matsumurana Koehneの2種が分布し,本州中部以西にはナンキンナナカマドS.gracilis (Sieb.et Zucc.) C.Koch(イラスト)などが分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナナカマド
ななかまど
[学]Sorbus commixta Hedl.

バラ科の落葉高木。高さ7~10メートル。枝に皮目がある。葉は互生し、羽状複葉。小葉は長さ3~7センチメートル、無柄で9~15枚あり、長楕円(ちょうだえん)形または披針(ひしん)形、先はとがり、縁(へり)に鋭い重鋸歯(じゅうきょし)がある。5~7月、枝先に約10センチメートルの複散房状の花序を出し、白色の5弁花を多数開く。雄しべは20本、雌しべは1本で花柱は3~4本、子房は下位。5枚の萼片(がくへん)は内曲する。果実は球形のなし状果で径約5ミリメートル。やや涼しい山地に生え、日本全土、および朝鮮半島、千島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。名は、七度かまどに入れても燃え残るくらい燃えにくいことからついたといわれる。秋の紅葉と赤熟した果実が美しいことで知られる。北海道では並木などに植栽される。同属のナンキンナナカマドS. gracilis (Sieb. et Zucc.) C. Kochは高さ約2メートルと小さく、托葉(たくよう)は葉質で半円形、幅1~2センチメートルと大きい。関東地方以西の本州から九州に分布する。
 ナナカマド属は北半球の、おもに温帯に約100種分布する。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナナカマドの言及

【オーストラリア】より

…オーストラリアの植物分布は主として降水量に支配され,中央部の砂漠ではワジ沿いに葉のまばらな,やせた低木やイネ科ツキイゲ属の叢生が見られる。降水量の増加に伴って,砂漠はマルガmulga(アカシア属)やマレーmallee(丈の低いユーカリ属数種の総称)の灌木林,次いでサバンナへと移行し,ついにはマウンテン・アッシュmountain ashやカリーkarri(いずれもユーカリ属)などの巨木が優占する森林帯となる。また,低地の大河沿いには,うっそうとしたレッド・ガムred gum(ユーカリ属)の河辺林が成立する。…

※「ナナカマド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナナカマドの関連情報