コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベヅル Grus monacha; hooded crane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナベヅル
Grus monacha; hooded crane

ツル目ツル科。全長 91~100cm。胸や背から後方は黒ずんだ灰色。頸から上は白いが,額から眼先は黒く,頭頂の裸出部位は赤い。繁殖地はロシア南東部,モンゴル北西部,中国東北部で,繁殖後はチャン(長)江下流域や朝鮮半島南部,日本に渡って越冬する。雑食性で,動物質植物質のどちらも食べる。越冬地ではつがいか幼鳥 1~2羽を連れた家族で生活し,餌場には多くの家族が集まる。「くるる,くるる」と鳴き,ときに飛び跳ねて,いわゆる「ツルのダンス」を見せる。江戸時代には日本全国に飛来したが,大正時代以降はおもな飛来地は鹿児島県出水市山口県周南市だけである。出水市では 1959年から給餌や保護活動が続けられ,近年の越冬数は世界の 8~9割に達している。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧II類,「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)では国際希少野生動植物種に,また国の特別天然記念物(→天然記念物)にも指定されている。ワシントン条約附属書I適用鳥。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ナベヅル

国の特別天然記念物。シベリアや中国東北部で繁殖し、晩秋に約2千キロを渡って日本に飛来する。体長約1メートル、体重3・5~4キロ。灰黒色の体で首から上が白、頭頂に赤い皮膚が見える。国内最大の越冬地は、20季連続で「万羽鶴」を達成している鹿児島県・出水平野八代盆地は出水平野とともに国の特別天然記念物に指定されている。

(2017-01-10 朝日新聞 朝刊 山口・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナベヅル

ツル科の鳥。翼長50cm。体は暗灰色で頭頸部は白。頭頂は羽毛がなく赤色。東部シベリア,ウスリー,中国東北等で繁殖し,冬はやや南へ渡る。生息数は約1万羽でその8割が鹿児島県出水(いずみ)市に冬鳥として渡来する。
→関連項目クロヅルツル(鶴)マナヅル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

知恵蔵miniの解説

ナベヅル

ツル目ツル科の鳥類。体長は約1メートル。体は暗灰色で頭頸部は白く、頭頂は赤い皮膚が裸出している。雑食性で、穀物、昆虫、両生類などを採食する。春から夏にかけてシベリア南東部や中国北東部で繁殖し、日本や中国南部、朝鮮半島に渡って越冬する。中でも日本は主要な越冬地で、そのほとんどが鹿児島県出水(いずみ)市に飛来するため、同地方とそこに渡来するツルは国の特別天然記念物に指定されている。また、個体数の集中化による感染症の流行などで絶滅の危険性があることから、環境省レッドリストの絶滅危惧Ⅱ類にも指定されている。

(2016-3-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナベヅル
なべづる / 鍋鶴
hooded crane
[学]Grus monacha

鳥綱ツル目ツル科の鳥。全長約105センチメートル、タンチョウやマナヅルより一回り小さい。体はスレート灰色で、頭と上頸(じょうけい)は白く、頭上は皮膚が裸出して赤い。額は黒い。雌雄は同色、幼鳥は褐色に富んでいる。シベリア東部の湿原で繁殖し、日本、朝鮮半島、中国東部で越冬する。このうち日本は主要な越冬地で、鹿児島県出水(いずみ)市および山口県周南(しゅうなん)市八代(やしろ)に毎年渡来する。その数は出水市で1万0855羽(2000年)である。八代は1940年(昭和15)には355羽が飛来、1975年ころまでは100羽を超えていたが、年々減少して約20羽となり、保護策が講じられている。越冬地では主として水田や湿地にすみ、小魚、タニシ、水生昆虫などの動物食と穀物や柔らかい根などの植物食の両方をとっている。繁殖は最近まで不明であったが、1974年に初めて巣が発見された。その巣は湿地近くの地面が平らになった所にあった。しかし、繁殖生態についてはまだ知られていないことが多い。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナベヅルの関連キーワードツル越冬地分散化計画ナベヅル(鍋鶴)ナベヅル放鳥事業八代(山口県)出水平野のツル鹿児島県出水市山口県周南市三丘[温泉]高尾野[町]山口県の要覧ツル(鶴)出水(市)山口[県]周南(市)熊毛〈町〉周南龍飛蕨島熊毛県鳥徳山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナベヅルの関連情報