コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミブ砂漠 ナミブさばく Namib Desert

5件 の用語解説(ナミブ砂漠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミブ砂漠
ナミブさばく
Namib Desert

ナミビア西部,大西洋岸に沿う臨海砂漠。北はアンゴラナミベ(旧称モサメデス)付近から,南は南アフリカ共和国のオリファンツ川まで,幅 50~160km,長さ約 1900kmにわたる。南部では幅が広く,内陸高原へ続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ナミブ砂漠

アフリカ南部のアンゴラ南西部からナミビア海岸部、南アフリカ北部にかけて広がる。5500万~8千万年前に誕生したとみられている。砂に酸化鉄を含んでいるため、赤く染まって見える。「世界で最も美しい砂漠」とも呼ばれ、ユネスコ世界自然遺産に登録。

(2015-10-15 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナミブ‐さばく【ナミブ砂漠】

Namib Desertアフリカ南西部にある砂漠。大西洋岸に沿い、アンゴラ南部からナミビア南端まで南北約2000キロメートルにわたって続く。年間降水量100ミリメートル以下であり、非常に乾燥している。海霧がもたらすわずかな水分を利用する独特な植物や生物が見られる。南部にダイヤモンドの鉱山が点在する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナミブさばく【ナミブ砂漠 Namib Desert】

アフリカ南西部の海岸砂漠。大西洋岸沿いに南北1600km,幅40~130kmを占める。降水はきわめて不安定で年雨量10~150mmにすぎず,赤道以南のアフリカでは最も乾燥している。ただし,アフリカーンス語でモトレーン(〈ガ(蛾)の雨〉の意)と呼ばれるぬか雨が降り,晴天は意外に多くはない。砂丘が広くみられ,とくにクイセブ川とオレンジ川の間の中部によく発達している。植物は乏しく,多肉植物ユーフォルビア属,アロエ属,ウェルウィッチア(グロテスクコンブ状の2枚の葉で知られる)など,草本のカゼクサ属が代表的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナミブ砂漠
なみぶさばく
Namib Desert

アフリカ大陸南西部にある砂漠。アンゴラ南部のナミベ付近からナミビア南端のオレンジ川河口付近まで、大西洋岸に2000キロメートル近く続くが、幅は最大でも160キロメートル程度にすぎない。年降水量100ミリメートル以下、年平均気温18℃程度であり、地表面は南部で礫(れき)質のほかは砂に覆われた所が多い。語源は先住民ナマ人の言語で「何もない所」の意味であるが、ダイヤモンドなど地下資源には恵まれている。[田村俊和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナミブ砂漠の関連キーワードナミビアベンゲラリベリアサハラパロスホワイトアフリカグランポポスワコプムント世界の3大漁場アグラハス海流

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナミブ砂漠の関連情報