コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧雨 きりさめdrizzle

翻訳|drizzle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霧雨
きりさめ
drizzle

直径 0.5mm未満の多数の微小な水滴が一様に降る降水。は低く垂れこめる厚い層雲から降る。ときには地面に達して霧となる。視程を著しく悪くするが,特に海岸沿いや山岳地帯では,霧雨による降水量が 1時間に 1mm以上になることは少ない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きり‐あめ【霧雨】

きりさめ」に同じ。

きり‐さめ【霧雨】

のような細かい雨。水滴の直径0.5ミリ未満をいい、低い層雲から降る。糠雨(ぬかあめ)。小糠雨。きりあめ。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きりあめ【霧雨】

きりさめ【霧雨】

多数のきわめて細かな水滴が低く垂れこめた層雲や霧から、かなり一様に降下する現象。ぬか雨のように降る霧。きりあめ。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧雨
きりさめ

普通の雨よりも滴が小さくて数が多い雨。直径は0.5ミリメートル以下とされている。霧あるいは層の中で、霧粒や雲粒が併合によって大きくなり、霧雨ができる。滴が小さいため、弱い風にも流されやすい。一般に量は少ないが、海岸や山地ではかなりの量に達することもある。雨の降り始めに、高層雲などから小粒の雨が少量降ることがあるが、これは霧雨ではない。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の霧雨の言及

【雨】より

…(e)集中豪雨 マスコミによって言われ出したことばで,極端に短時間に多く激しく降る雨。(f)霧雨(きりさめ) ぬか雨,こぬか雨ともいう。春先にぬかのようにしとしと降る雨。…

※「霧雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

霧雨の関連キーワード世界のおもな局地風ハイドロメテオルフランス(国)アンデス山脈層雲(気象)ナミブ砂漠河合 健二北原 武夫牛島 春子しょぼつく北原武夫気象観測天気俚諺河合健二木の下闇みぞれハノイ休らいぬか雨気団

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霧雨の関連情報