コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニエーボ ニエーボNievo, Ippolito

2件 の用語解説(ニエーボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニエーボ
ニエーボ
Nievo, Ippolito

[生]1831.11.30. パドバ
[没]1861.3.4.
イタリアの小説家。ガリバルディ指揮下の独立戦争に加わったが,ビラフランカ講和条約に失望して,ブルジョアジーと農民との関係を分析し,農民層の独立に対する無関心は彼らの教育を放棄した知識人の責任であると糾弾した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニエーボ【Ippolito Nievo】

1831‐61
イタリアの作家。パドバの良家に生まれ,中等学校時代にマッツィーニの思想を知って政治に目覚める。大学は法学部を卒業したものの文学への関心が強く,法律の道を放棄した。第2次独立戦争に際して1859年,ガリバルディの千人隊に志願し,ロンバルディアで従軍。翌年,義勇軍主計官としてシチリアに遠征,61年3月,同島から大陸への帰途,船が難破してティレニア海に没し,わずか30年の生涯を閉じた。 生前,《イタリアの民衆詩について》(1854),小説《善の天使》《田園短編集》(ともに1856),詩集《蛍》(1858)ほかの作品があるが,文学者としてのニエーボの名声は,ひとえに没後刊行の《あるイタリア人の信条Le confessioni di un italiano》(1867)によっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ニエーボの関連キーワードゴローニンメイランペドロ帰国事業と日本人妻在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業荒木寛畝ガイアナ喜撰気比神宮ゲベール銃

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone