コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニエーボ Nievo, Ippolito

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニエーボ
Nievo, Ippolito

[生]1831.11.30. パドバ
[没]1861.3.4.
イタリアの小説家。ガリバルディ指揮下の独立戦争に加わったが,ビラフランカ講和条約に失望して,ブルジョアジーと農民との関係を分析し,農民層の独立に対する無関心は彼らの教育を放棄した知識人の責任であると糾弾した。『国家革命断章』 Frammento sulla rivoluzione nazionale (1860) には,その主張が説かれている。また「赤シャツ隊」に加わり,シチリア島におもむいたが,帰途難船し,ティレニア海に没した。主著『一イタリア人の告白』 Confessioni di un italiano (67) は,初め『八十男の告白』 Confessioni di un ottuagenario (57~58執筆) と題され,フリウリ地方の農村を舞台に,主人公にその生涯を語らせつつ,揺れ動く国家統一期のイタリアを描いた自伝的歴史小説。ほかに詩論,戯曲もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニエーボ【Ippolito Nievo】

1831‐61
イタリアの作家。パドバの良家に生まれ,中等学校時代にマッツィーニの思想を知って政治に目覚める。大学は法学部を卒業したものの文学への関心が強く,法律の道を放棄した。第2次独立戦争に際して1859年,ガリバルディの千人隊に志願し,ロンバルディアで従軍。翌年,義勇軍主計官としてシチリアに遠征,61年3月,同島から大陸への帰途,船が難破してティレニア海に没し,わずか30年の生涯を閉じた。 生前,《イタリアの民衆詩について》(1854),小説《善の天使》《田園短編集》(ともに1856),詩集《蛍》(1858)ほかの作品があるが,文学者としてのニエーボの名声は,ひとえに没後刊行の《あるイタリア人の信条Le confessioni di un italiano》(1867)によっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ニエーボの関連キーワードゴローブニンジョードンバードハラタママイヨメイランワグネルゴローニンメイラングナイゼナウ