コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコライ(2世) Nikolay II Aleksandrovich

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ニコライ(2世) Nikolay II Aleksandrovich

1868-1918 ロシアの皇帝。
1868年5月18日生まれ。明治24年皇太子として来日し,旅行途中の大津警護巡査におそわれ負傷(大津事件)。1894年皇帝即位極東への進出をはかり,1904年日露戦争をひきおこす。1917年二月革命により退位し,帝政ロシア最後の皇帝となった。1918年7月16日処刑された。50歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコライ(2世)
にこらい
Николай Nikolay
(1868―1918)

ロシアのロマノフ王朝最後の皇帝(在位1894~1917)。アレクサンドル3世の長子として生まれる。保守主義者ポベドノースツェフに教育されて、その影響を受けた。1891年(明治24)皇太子として日本訪問中、警護の巡査に額を斬(き)られて負傷した(大津事件)。94年イギリスのビクトリア女王の孫でヘッセン・ダルムシュタットの公女(結婚後アレクサンドラ・フョードロブナと改名)と結婚。夫婦間は愛情に満ち、よき夫であったが、のちに皇后がラスプーチンを登用するや、彼に政治に口出しするのを許すことになった。父帝の外交政策を継承し、フランスとの同盟を強化し、シベリア鉄道を完成させ、極東への進出を図ったが、日露戦争を引き起こして敗北した。1905年の革命によって「十月宣言」を発布するはめとなったが、革命が終息するやストルイピンを引き立てて革命運動を弾圧した。外交政策においてドイツと対立しイギリスに近づいたことから、第一次世界大戦に巻き込まれ、戦争中の17年3月退位を余儀なくされた。ボリシェビキが政権をとったあと、18年4月にエカチェリンブルグ(ソ連時代はスベルドロフスク)に家族(皇后と4人の子供たち)とともに幽閉され、地方のボリシェビキによって射殺された。2000年8月ロシア正教会は、ニコライ2世とその家族を「受難者」として列聖した。[外川継男]
『保田孝一著『ニコライ2世と改革の挫折』(1985・木鐸社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニコライ(2世)の関連キーワードコンスタンチーン ポベドノスツェフアレクサンドラ・フョードロヴナアレクサンドラ・フョードロブナアレクサンドル ベゾブラーゾフアレキサンダー グチコフアナトリー ロマーシンマリヤ・フョードロブナペトロパブロフスク聖堂堀江オルゴール博物館聖ニコライロシア教会アレクサンドル3世橋エカチェリンブルグアレクサンドル宮殿猪子 止戈之助ベゾブラーゾフS. ウィッテクシェシンスカパスケービッチバグラチオーンハーグ平和会議

ニコライ(2世)の関連情報