コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコライ2世 ニコライにせい Nikolai II Aleksandrovich

2件 の用語解説(ニコライ2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコライ2世
ニコライにせい
Nikolai II Aleksandrovich

[生]1868.5.18. ツァールスコエセロ
[没]1918.7.16/17. エカテリンブルグ
帝政ロシア最後の皇帝 (在位 1894~1917) 。アレクサンドル3世の長男。 K.P.ポベドノスツェフの訓育を受け,皇帝権不可侵の思想を吹込まれた。 1894年ヘッセンダルムシュタット公女アリス (ロシア名アレクサンドラ・フョードロブナ) を妻に迎えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ニコライ2世
Nikolai Ⅱ・Aleksandrovich


1868 - 1918
ソ連国籍。
元・ロシアロマノフ王朝皇帝。
ロシア出身。
帝政ロシア最後の皇帝(1894〜1917年在位)で、1891年皇太子として訪日中大津事件にあう。父アレクサンドル3世の専制護持の教育を受け外交政策を継承、フランスとの同盟強化、極東への進出を図るが日露戦争を起こし敗北。1905年革命で「十月宣言」を発布するが革命が終息するとストルイピンを用いて革命運動を弾圧、第一次大戦中に退位を余儀なくされボリシェビキが政権を掌握すると’18年シベリアに幽閉され、後射殺される。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコライ2世の関連キーワードシュバイツァーピュリッツァー賞ケツァールツァーツァールインプレッシング・ザ・ツァーゼンツァーノの花祭りスプリッツァーザ・ツァーツァールスコエ・セロー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニコライ2世の関連情報