コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニジュウヤホシテントウ ニジュウヤホシテントウ Epilachna vigintioctopunctata

4件 の用語解説(ニジュウヤホシテントウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニジュウヤホシテントウ
ニジュウヤホシテントウ
Epilachna vigintioctopunctata

鞘翅目テントウムシ科。体長6~7mm。体は半球形で,やや後方にせばまる。全体黄褐色ないし赤褐色で,背面に 28個の黒色紋をもつ。オオニジュウヤホシテントウに似るがやや小型で,上翅の斑紋も小さく,背面の隆起も顕著でない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニジュウヤホシテントウ

テントウムシ科の甲虫。体長6.5mm内外,半球形。赤褐色で28個の黒紋がある。関西以西の暖地,中国大陸,台湾などに分布。成虫・幼虫ともにジャガイモ,ナス,トマトなどのナス科植物の葉を食べる害虫。
→関連項目テントウムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニジュウヤホシテントウ【Henosepilachna vigintioctopunctata】

甲虫目テントウムシ科の昆虫(イラスト)。ナス,ジャガイモ,トマト,ホオズキなどナス科植物の害虫として知られる。体はやや半球形で赤褐色。胸,上翅に黒色の斑紋があり,和名は上翅の斑紋の数による。体長6~7mm。北海道を除く日本各地のほか,中国にも分布する。成虫で越冬し,4月ころから出現し食草の裏面に長楕円形の卵を40個内外産みつける。卵は直立し,互いにわずかずつ離れている。幼虫,成虫ともに葉にさざ波のような食痕を残す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニジュウヤホシテントウ
にじゅうやほしてんとう / 二十八星瓢虫
[学]Henosepilachna vigintioctopunctata

昆虫綱甲虫目テントウムシ科に属する昆虫。本州、四国、九州、南西諸島から台湾、中国さらに東洋熱帯域に広く分布するナス類の大害虫。体長6~7ミリメートル。半球形の体で、黄褐色ないし赤褐色であるが、灰色の短毛を密生しているので光沢が鈍い。前胸背には3~6個、各上ばねに14個の黒紋があるが、一部が消えることもある。成虫・幼虫ともにナス、ジャガイモ、トマトなどナス科植物の葉を食害し、脈を残して網目状にする。越冬した雌は春から平均500の卵を産み、平均して40日ほどたつと次の世代の成虫が現れ、その雌はさらに多く産卵し、およそ1か月余りたって羽化した成虫は越冬する。幼虫は白くて紡錘形で太っており、前胸に2対、ほかの節に各3対の黒い樹枝状突起を備えている。同属の種にはジャガイモの害虫オオニジュウヤホシテントウ、ウリ類につくジュウニマダラテントウなどがある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニジュウヤホシテントウの言及

【テントウムシ(天道虫)】より

…ベダリアテントウRodolia cardinalisは果実の害虫イセリアカイガラムシを食するため,天敵としてオーストラリアから輸入され,今日では本州以南に広く分布する。白渋病菌を食べる種類としてシロジュウニホシテントウ(シロホシテントウ)Vibidia duodecimguttata,ジャガイモやナスの葉を食べる種類としてはニジュウヤホシテントウHenosepilachna vigintioctopunctata(イラスト)などがあげられる。そのほか,カメノコテントウAiolocaria hexaspilota(イラスト)はクルミハムシを捕食することで知られるが,テントウムシ科の食性からみて特殊なものである。…

【テントウムシダマシ】より

…【林 長閑】。。…

【テントウムシ(天道虫)】より

…ベダリアテントウRodolia cardinalisは果実の害虫イセリアカイガラムシを食するため,天敵としてオーストラリアから輸入され,今日では本州以南に広く分布する。白渋病菌を食べる種類としてシロジュウニホシテントウ(シロホシテントウ)Vibidia duodecimguttata,ジャガイモやナスの葉を食べる種類としてはニジュウヤホシテントウHenosepilachna vigintioctopunctata(イラスト)などがあげられる。そのほか,カメノコテントウAiolocaria hexaspilota(イラスト)はクルミハムシを捕食することで知られるが,テントウムシ科の食性からみて特殊なものである。…

【テントウムシダマシ】より

…テントウムシ科に属するオオニジュウヤホシテントウHenosepilachna vigintioctomaculataニジュウヤホシテントウH.vigintioctopunctata(イラスト)の両種を指す俗称。テントウムシはアブラムシ類を食して有益であるが,テントウムシダマシはテントウムシに似た色と形をもちながら,ジャガイモ,ナス,トマトなどのナス科の農作物を食べ荒らす害虫として知られる。…

※「ニジュウヤホシテントウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニジュウヤホシテントウの関連キーワードテントウムシダマシナナホシテントウ牙虫偽瓢虫豆象虫塵芥虫瓢虫カメノコテントウゾウムシ(象虫)テントウムシ(天道虫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone