コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニャチャン ニャチャン Nha Trang

4件 の用語解説(ニャチャンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニャチャン
ニャチャン
Nha Trang

ベトナム中南部,カインホア省の省都。ホーチミン市東北東約 320km,南シナ海にのぞむ港湾都市で,カイ川の河口部南岸に位置する。港湾施設は比較的小規模であるが,南シナ海沿岸の重要な漁港であり,また美しい砂浜をもつ海浜保養地として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニャ‐チャン(Nha Trang)

ベトナム南部、カインホア省の都市。同省の省都。ホーチミンの北東約320キロメートル、南シナ海に注ぐカイ川河口に位置する。白い砂浜が約5キロメートルにわたって広がり、フランス統治時代より、海岸保養地として開発。北郊に9世紀頃にチャンパー王国が建てたポーナガル塔の遺跡がある。ベトナム戦争時には米軍の補給拠点が置かれ、ナトランまたはナトラングとよばれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ニャチャン【Nha Trang】

ベトナム南部の港市。人口22万1000(1992)。ホー・チ・ミン市(旧,サイゴン)の北東約320kmに位置する。南方のカムラン湾とともに古くからベトナム軍事基地として有名。海岸は美しく,海水浴場でもあった。フランス植民地時代にはパスツール研究所や海洋研究所が置かれ,南シナ海の漁業に関する資料を集めた。市の北端にある丘には先住民チャム族の遺跡があり,その文化の名ごりを知ることができる。港を利用して農産物の集散が行われ,漁業基地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニャチャン
にゃちゃん
Nhatrang

ベトナム南部、カインホア省の省都。ホー・チ・ミン市の北東315キロメートル、カイ川河口沿岸に位置し、国道1号線とハノイ―ホー・チ・ミン線の鉄道が通じる。人口27万0100(2003推計)。ベトナムでもっとも美しい都市の一つで、フランス領時代につくられたパスツール研究所や海洋学研究所、付属水族館などがある。町の北方には817年建立の23メートルの塔のそびえる先住民チャムのポーナガル寺があり、その文化の名残(なごり)を知ることができる。港は漁業基地となっており、農産物の集散が行われている。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニャチャンの関連キーワードタイニンナムディンバンメトート胡志明サイゴン大教会ベトナム共和国ベトナム民主共和国スアンロクファン・タイン・ザンホー・チ・ミン[市]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニャチャンの関連情報