コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニャチャン Nha Trang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニャチャン
Nha Trang

ベトナム中南部,カインホア省省都ホーチミン市の東北東約 320km,南シナ海にのぞむ港湾都市で,カイ川の河口部南岸に位置する。港湾施設は比較的小規模であるが,南シナ海沿岸の重要な漁港であり,また美しい砂浜をもつ海浜保養地として知られる。市内にはフランス統治時代に建てられたパスツール研究所ベトナム海洋学研究院があり,カイ川の対岸には約 1000年前にチャム族が建設したポ・ナガル寺院が保存されている。ウミツバメの巣の採取地としても有名。 1941年7月,南部「仏印進駐をはかる日本軍が上陸した。首都ハノイとホーチミン市を結ぶ国道1号線とトンニャット鉄道が通る。人口 21万 3687 (1989) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニャ‐チャン(Nha Trang)

ベトナム南部、カインホア省の都市。同省の省都。ホーチミンの北東約320キロメートル、南シナ海に注ぐカイ川河口に位置する。白い砂浜が約5キロメートルにわたって広がり、フランス統治時代より、海岸保養地として開発。北郊に9世紀頃にチャンパー王国が建てたポーナガル塔の遺跡がある。ベトナム戦争時には米軍の補給拠点が置かれ、ナトランまたはナトラングとよばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ニャチャン【Nha Trang】

ベトナム南部の港市。人口22万1000(1992)。ホー・チ・ミン市(旧,サイゴン)の北東約320kmに位置する。南方カムラン湾とともに古くからベトナムの軍事基地として有名。海岸は美しく,海水浴場でもあった。フランス植民地時代にはパスツール研究所や海洋研究所が置かれ,南シナ海の漁業に関する資料を集めた。市の北端にある丘には先住民チャム族の遺跡があり,その文化の名ごりを知ることができる。港を利用して農産物集散が行われ,漁業基地でもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニャチャン
にゃちゃん
Nhatrang

ベトナム南部、カインホア省の省都。ホー・チ・ミン市の北東315キロメートル、カイ川河口沿岸に位置し、国道1号線とハノイ―ホー・チ・ミン線の鉄道が通じる。人口27万0100(2003推計)。ベトナムでもっとも美しい都市の一つで、フランス領時代につくられたパスツール研究所や海洋学研究所、付属水族館などがある。町の北方には817年建立の23メートルの塔のそびえる先住民チャムのポーナガル寺があり、その文化の名残(なごり)を知ることができる。港は漁業基地となっており、農産物の集散が行われている。[菊池一雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニャチャンの関連キーワードニャチャンビーチマラソンヨックレットビーチダンマゼーディーニャチャン大聖堂ビンパールランドブオンメトートホンチョン岬ロンソン寺イェルサン中村英児ラオ島

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニャチャンの関連情報