コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌアクショット ヌアクショットNouakchott

6件 の用語解説(ヌアクショットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌアクショット
Nouakchott

モーリタニアの首都。西部アフリカ大西洋岸の砂丘上にあり,セネガルの首都ダカール北北東 435kmに位置する。現在の町は旧市街の南郊に新しく建設され,1960年の独立後首都として急速に発展。ラッカセイ (落花生) ,アラビアゴムなどを輸出してきたが,北東方 195kmのアクジュジトの銅鉱山と幹線道路で結ばれ,1970年には港湾を拡張,石油や銅を輸出する。市街は独立広場を中心に,行政センター,商業・住宅地域,郊外の工場や労働者居住地域などに分けられ,整備されている。北方のヌアディブー港,南方のダカールと道路で結ばれ,国内空港がある。人口 70万9000(2009)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヌアクショット(Nouakchott)

アフリカ西部、モーリタニア‐イスラム共和国の首都。大西洋に面する砂漠性台地にあり、交通の中心。サウジアラビアモロッコの支援で建造されたモスクがある。人口、行政区56万(2000)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヌアクショット

モーリタニアの首都。同国西部,大西洋岸近くにある。1958年首都として新市街が建設された。政府諸機関があり,アラビアゴム,トウモロコシ,家畜などの取引が盛ん。サハラ縦断道路が通る。
→関連項目モーリタニア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヌアクショット【Nouakchott】

西アフリカ,モーリタニアイスラム共和国の首都。人口73万5000(1995)。大西洋岸の砂漠の中に人工的に造られた都市で,周辺にはわずかな牧畜,雑穀栽培,アラビアゴム採取などのほか産業はない。モロッコからセネガルに通じるサハラ縦断道路が通り,内陸への道路との接点になっている。もとは小さい集落であったが,1958年にフランス共同体内の自治国の主都となり,予定された独立国の首都としての建設が始まり,60年の独立を経て現在に至っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヌアクショット【Nouakchott】

モーリタニア-イスラム共和国の首都。大西洋岸の港湾都市で、サハラ縦断自動車道路が通じている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌアクショット
ぬあくしょっと
Nouakchott

西アフリカ、モーリタニアの首都。同国西部の大西洋岸に位置する。人口61万1883(2000)。1957年のセネガルとの分離独立決定以後、砂漠の中の小村落を基礎に建設された。この位置が首都に選ばれたのは、アラブ系住民とアフリカ系住民の居住分布境界にあり、海に近く比較的しのぎやすいからである。現在では同国の政治、経済、文化、交通の中心となっている。市街地は固定砂丘上にあり、空港に近く南北に走るブルギバ通りとこれと直交するナセル通りからなる。ナセル通りの北に大統領府、官庁、高級住宅、南に市場、メディナ(旧市街)、問屋街、一般住宅、港近くに工業地帯がある。干魃(かんばつ)時には内陸から出てきた遊牧民のテントとラクダの群れが町を取り囲む。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌアクショットの関連情報