コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーボーロマン 〈フランス〉nouveau roman

大辞林 第三版の解説

ヌーボーロマン【nouveau roman】

伝統的な小説の概念を否定し、筋や物語性を重視しない新しい手法による実験的な小説。ナタリー=サロートの小説の序文で、サルトルがその作品をアンチ-ロマン(反小説)と評したことに始まり、1950年代以降フランスの一群の若い作家の一傾向となった。アンチ-ロマン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヌーボーロマンの関連キーワードバルト(Roland Barthes)クリスティン ブルック・ロウズ嫉妬(ロブ・グリエの小説)モデラート・カンタービレミシェル ビュトールフランシス ポンジュフィリップ ソレルスナタリー サロートヌーボー・テアトルジャン ケーロールブルック=ローズヌーボー・ロマンフランドルへの道クロード シモンロシュフォールエクリチュールフランドル街道デル・ブオーノアンチ・ロマンロブ・グリエ

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヌーボーロマンの関連情報