コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーボーロマン ヌーボーロマン〈フランス〉nouveau roman

2件 の用語解説(ヌーボーロマンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヌーボー‐ロマン(〈フランス〉nouveau roman)

1950年代以降、フランスに興った一群の前衛小説の称。従来の小説の概念、物語性や人物造形などの意識的な解体を企図した。アンチロマン(反小説)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ヌーボーロマン【nouveau roman】

伝統的な小説の概念を否定し、筋や物語性を重視しない新しい手法による実験的な小説。ナタリー=サロートの小説の序文で、サルトルがその作品をアンチ-ロマン(反小説)と評したことに始まり、1950年代以降フランスの一群の若い作家の一傾向となった。アンチ-ロマン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ヌーボーロマンの関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌーボーロマンの関連情報