ネオダーウィニズム(英語表記)Neo-Darwinism

翻訳|neo-Darwinism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ネオダーウィニズム」の解説

ネオダーウィニズム
Neo-Darwinism

生物の偶発的な遺伝変異自然淘汰が作用して進化が起るという学説。 A.ワイスマン自説をネオダーウィニズムと命名したため,ワイスマンともいう。ダーウィン学説のうち生存競争の原理を強調し,また変異のうち,進化で問題になる遺伝的な変異は完全に無方向で,特に適応的に方向づけられていない突然変異であり,獲得形質は遺伝しないと強調した。これらの考えは,それ自体は既知の事実とすべて一致するが,機械論的な割切り方のため,スケールの大きい進化の全事象をカバーできるかどうか,また適応の極度の重視により,すべての妙な器官の構造なども一歩ごとの無方向の変異のなかからの自然淘汰が無数に積重なったものであると,あらかじめ説明してしまうことは問題でないのかなど,妥当らしくみえる批判を生んでいる。しかし現代の進化論で,依然として基本的には正しい唯一の考え方とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ネオダーウィニズム」の解説

ネオ‐ダーウィニズム

〘名〙 (neo-Darwinism) 進化学説の一つ。ダーウィンの学説の中から、自然淘汰の原理だけを主張し、変異とその遺伝に関する説を根本的に改め、獲得形質の遺伝を否定した説。ドイツの動物学者ワイスマンが主張。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android