ネック[neck](読み)ネック

音楽用語ダスの解説

ネック[neck]

ギターなどのボディと一体になった、音程を決定する棹の部分。幅や厚さなどは様々で、一般的にクラシック・ギターは幅が広く、やや厚い。エレクトリック・ギターは幅が狭く、厚さや形状はギターによって違う。表面をフィンガー・ボードと呼び、ギターでは金属製のフレットが半音ごとに打ち込まれている。フレットレス・ベースなどにはフレットは打ち込まれていない。ボディに比べて細く、薄いので、弦の張力に耐えうる丈夫な素材、メイプル、マホガニー、ナトーなどが使用されている。エレクトリック・ギターなどには、ネックのソリを修正するために、トラス・ロッドがネックの内部に埋め込まれているものがある。ボディとの接合方法は数種類あり、ギターの種類、サウンドによって使い分けられる。(1)セット・ネック:クラシック・ギターなどに見られる、ネックとボディを接着剤で接合する方法。(2)デタッチャブル・ネック:ネックボディを木ネジによって接合する。そのためネックの交換が可能である。(3)スルー・ネック:ネック材をボディ・エンドまで使用し、そのボディ部分を挟むようにボディ材を張り合わせる方法。(4)ワンピース・ネック:ボディからネックまで1枚の木材でできている。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android