コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール人 ネパールじん Nepalese

翻訳|Nepalese

2件 の用語解説(ネパール人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネパール人
ネパールじん
Nepalese

ネパールの住民。民族,言語,風俗習慣を異にするさまざまな住民からなる。したがって国民意識は低く,カーストや民族への帰属意識のほうがまさる。地中海人種に属しインドヨーロッパ語系の諸言語を話す集団と,モンゴロイドチベットビルマ語系の諸言語を話す集団とに大別でき,前者が大半を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネパール人
ねぱーるじん

一般にネパール連邦民主共和国の国民をさし、次のように大別される。
(1)インド・ヨーロッパ語系のネパール語を話し、北インドにつながる文化をもつ人々
(2)チベット・ビルマ語系の諸言語を母語とする諸民族
(3)ヒンディー語の諸方言を話すインド系住民
(4)その他
 (1)の人々はネパールの全人口約2820万人(2007推計)の半分強を占め、政治、軍事の中心をなすヒンドゥー教徒で通常約2000メートル以下の山地に住む。カースト社会を形成し、上位にバウン(ヒンドゥー教司祭のカースト)、チェットリ(軍人カースト)、下位にカミ(鍛冶(かじ)屋)、サルキ(皮職人)、ダマイ(仕立屋)などが存在するが、中間の諸カーストが欠落している。カースト内では父系親族の結合が重要である。おもな生業はイネ、コムギなどの農業やカースト固有の仕事であるが、官吏、商人なども存在する。
 (2)にはマガル、グルン、タマン、ネワール、ライ、リンブー、タカリー、シェルパなど数十の民族が含まれ、各民族の人口は130万人前後から1000人以下にわたり、合計して全国人口の4分の1強を占める。この人口の多くは1800メートル以上の山地を故地とし、雑穀中心の農業、牧畜、交易に携わってきた。宗教は土着信仰のうえにチベット仏教やヒンドゥー教の影響が及んだものである。民族内では父系的まとまりが重要であるが、スッバなどとよばれる地方首長の下に統合されていた例もある。ネワールは例外で、18世紀までカトマンズ盆地に王国を築き、カースト制下に仏教徒、ヒンドゥー教徒の双方を組み込んできた。
 (3)は全国人口の約4分の1を占め、多くはここ200ないし300年内にインドから南ネパールに移住してきたさまざまなカーストに属するヒンドゥー教徒で、おもに稲作中心の農業に依存している。
 なお、カーストによる差別は、1962年、1990年の憲法で否定されている。また、1990年の民主化以後、諸グループ間の平等を主張する運動も目だつようになっている。首都圏を中心に都市化も進行しており、多様な職業がみられるようになり、また多様な人々の混交も進んでいる。[石井 溥]
『石井溥編著『(暮らしがわかるアジア読本)ネパール』(1997・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネパール人の関連キーワードシェルパ族ネパールネパール語ネパール戦争民族宗教俗習ネパールの王宮広場ネパールと中印ネパール仏教ネパール・ヒマラヤ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネパール人の関連情報